【旅行記】稚内副港市場は駅から徒歩15分で行けるお土産選びや食事に便利な施設!ロシア料理や樺太記念館、レトロ横丁など見どころも多い!

f:id:mizuhosakura555:20181027113233j:plain

(2018年10月27日作成)

 

最北端の稚内を観光するには、まず稚内駅で観光情報を仕入れますが、その次、もしくは観光の最後に訪れたいのが稚内副港市場です。

海産物やお土産物、お食事などの施設はもちろん、樺太の歴史を学べる記念館もあります。

ロシア料理も頂けるお店もあり海産物に飽きたなーという場合もありがたいです。

ここでは稚内副港市場を解説してきます。

 

 

 

 

稚内副港市場とは

 

稚内副港市場は海鮮やお土産物店、飲食店が入った複合施設です。

稚内駅からも徒歩15分ほどで歩いて行けるので、散策ついでによることもできます。

 

港側の入り口から撮った写真です。

f:id:mizuhosakura555:20181027113544j:plain

 

副港市場は2階建てになっています。

1階はお土産物、海産物販売の市場ゾーンとギャラリー広場に分かれています。

青色が市場ゾーン、黄色がギャラリー広場です。

ギャラリー広場の隣では観光パンフレットもあります。

お土産・温泉・お食事などが入った日本最北端の複合施設 副港市場

 

2階は温泉「港の湯」と稚内市樺太記念館があります。

飲食できるところは1階、2階に海鮮丼やラーメン屋さん、和食レストランがあり、屋外の波止場横丁にもロシア料理やスープカレー、焼き鳥や居酒屋さんがあります。

f:id:mizuhosakura555:20181027113856j:plain

 

海産物やお土産がそろう市場棟

市場棟の様子です。

f:id:mizuhosakura555:20181027113631j:plain

 

稚内の名産のおおきいタコや大粒のホタテなどがありテンションが上がります。

f:id:mizuhosakura555:20181027113724j:plain f:id:mizuhosakura555:20181027113752j:plain

 

レトロで懐かしいギャラリー広場 

ギャラリー広場は昭和を感じられる仕掛けがしてあります。

市場棟から入ると、大きな漁船が出迎えてくれます。

f:id:mizuhosakura555:20181027114512j:plain

 

 

振り返ると、稚内港駅の復元があります。

いまの稚内駅で、終戦までは樺太への航路も稚内港から運行していました。

その説明展示や駅の改札が復元してあり見入ってしまいました。

f:id:mizuhosakura555:20181027114536j:plain f:id:mizuhosakura555:20181027114602j:plain

 

漁船より少し奥に行くと、昭和の30〜40年代を復元した商店街があります。

f:id:mizuhosakura555:20181027114647j:plain 

 

お店も復元してあります。営業はしていませんが、雰囲気を十分感じることができます。

f:id:mizuhosakura555:20181027114713j:plain f:id:mizuhosakura555:20181027114743j:plain

 

波止場横丁は夜に訪れたいスポット

外に出ると、またレトロな雰囲気の横丁があります。

波止場横丁です。

 

f:id:mizuhosakura555:20181027114834j:plain f:id:mizuhosakura555:20181027115030j:plain

 

焼き鳥やラーメン、スープカレーなどをいただくことができます。

ロシア料理もありコースで1,500円〜と手ごろな値段で頂けます。

お店の概要やメニューなどはリンクもご覧下さい。

お土産・温泉・お食事などが入った日本最北端の複合施設 副港市場

f:id:mizuhosakura555:20181027115105j:plain f:id:mizuhosakura555:20181027115126j:plain

 

2階も温泉やレストラン、樺太記念館などで楽しい

2階には温泉「港のゆ」(営業時間:10:00〜22:00)や和食レストランがあります。 

また稚内と樺太のつながりを展示物で見ることができる樺太記念館もあります。

 

稚内副港市場に行くには

JR稚内駅から徒歩15分くらいです。

JR稚内駅前の大通りを市街地に向かって進んでいくと行けます。

 

まとめ

 

・稚内副港市場はお土産、食事、温泉などがそろった複合施設

・樺太記念館もあり飽きることがない

・珍しいロシア料理も頂けるので、海鮮ものに飽きた時に便利

 

なんでもそろう稚内副港市場はちょっと時間ができたときの時間つぶしにも有効ですし、稚内のおみやげ物も帰るので一度は寄りたい施設です。

稚内をめぐりつくした、宗谷岬の帰りに時間ができたなど、ちょっとよって疲れをいやすにもよいでしょう。

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてこのような記事も読まれています>

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング