大和路快速の停車駅や車内設備、座席、運賃を解説します。15分間隔で大阪梅田・天王寺と奈良を結び観光にも日常利用も便利【乗車記】

大和路快速 221系

(2020年2月8日作成)

 

大阪・天王寺と奈良を結ぶJR大和路線の最速達列車が「大和路快速」です。

大阪(梅田)と奈良を約55分で結びます。

大阪梅田から乗り換えなしで奈良に行ける便利な列車です。

ここでは大和路快速の車両、座席、運賃や競合交通機関について解説していきます。

 

 

大和路快速の車両と編成

使用車両

使用車両は221系です。

221系は1989年(平成元年)に誕生しました。

2011年(平成23年)から開始されたリニューアルも全車すべて完了しています。

リニューアル後はドア上にLED案内表示器が設置され、お手洗いも拡大し、補助席も設置されています。

大和路快速 221系

編成

大和路快速(区間快速)は6両または8両編成で運行されます。

夕方以降の一部列車は和歌山線直通の高田行きまたは五条行きを併結しており、王寺で分割します。

奈良側4両が奈良・加茂行き、大阪側4両は高田・五条行きです。

2020年3月のダイヤ改正から大和路快速はすべて8両編成で運行されます。

大和路快速 221系

大和路快速の車内と座席

大和路快速の座席はクロスシートで快適

大和路快速で使用される221系はクロスシートになっています。

大和路快速 221系

一部の座席を除き向きが転換できます。

大和路快速 221系 座席

向かい合わせにすることもできます。

正式なドリンクホルダーとかはありませんが、ペットボトル程度なら窓の桟に置くことができます。

大和路快速 221系 座席

優先座席は各車両の奈良寄りにあります。

優先座席には専用のカバーが取り付けられています。

大和路快速 221系 優先座席

221系はリニューアルされてから補助席が設置されました。

各扉付近に補助席が設置されています。

大和路快速 221系 補助席

ラッシュ時や混雑時以外には引き出して使用することができます。

大和路快速 221系 補助席

お手洗い等

各列車の奈良寄りの先頭車、1号車にはお手洗いが設置されています。

(8両編成の一部の列車は5号車にもお手洗いがあります)

車いすの方も利用できる広いタイプのお手洗いです。

大和路快速 221系 お手洗い

お手洗い横の「開」のボタンをおして扉をあけます。

大和路快速 221系 お手洗い

JR西日本の快速系列車の標準のお手洗いです。

大和路快速 221系 お手洗い

大和路快速の停車駅や所要時間と運行間隔など

大和路快速等の停車駅

大和路快速の停車駅は次の通りです。

大阪=福島=西九条=弁天町=大正=新今宮=天王寺=久宝寺=王寺=大和小泉=法隆寺=郡山=奈良=平城山=木津=加茂

(天王寺~鶴橋~京橋~大阪間は各駅停車、王寺から高田・五条方面に乗り入れる列車は王寺から各駅停車)

区間快速は次の駅に停車します。

天王寺=(環状線内各駅停車)=大阪=(環状線内各駅停車)=天王寺=久宝寺=王寺=(各駅停車)=加茂・高田・五条

大和路快速の所要時間

大阪〜奈良:約51分~54分

天王寺~奈良:約35分

大和路快速の運行間隔

大阪発

平日9時台~16時台まで30分間隔で運行しています。

土休日は7時台~20時台まで15分間隔で運行しています。

奈良発

平日は8時台~15時台まで15~30分間隔で運行しています。

土休日は6時台~19時台まで15~30分間隔で運行しています。

平日のラッシュ時と早朝、深夜時間帯は区間快速として運行しています。

昼間はおおむね15分間隔で運行しています。

大和路快速の運賃、料金等

大和路快速(区間快速)は通常の切符やICカードだけで乗車することができます。

大阪~奈良:810円

天王寺~奈良:470円

大和路快速と競合する交通機関の比較

大和路快速と同じ区間を運行する交通機関は阪神なんば線、近鉄奈良線があります。

奈良駅は近鉄が奈良公園に近い町の中にあります。

難波駅はJRと近鉄が比較的近く、なんばの町から少し外れたところにあります

大和路快速と近鉄奈良線特急・快速急行・急行と比較します。

大阪(梅田)~奈良の交通機関の比較

  運賃 所要時間 運行本数
JR大和路快速 810円 約51分~54分 15分間隔

近鉄特急

(梅田~なんば間は

御堂筋線利用)

1,320円 約50分~55分 平日朝晩、土休日60分

近鉄快速急行・急行

(梅田~なんば間は

御堂筋線利用)

800円 約55分~60分 10~20分間隔

難波~奈良の交通機関の比較

  運賃 所要時間 運行本数

JR大和路快速

(新今宮乗り換え)

570円 約45分 15分間隔
近鉄特急 1,090円 約33分~39分 平日朝晩、土休日60分
近鉄快速急行・急行 570円 約37分~44分 10~20分間隔

交通機関の各区間の解説

近鉄特急

大阪難波~奈良間の近鉄特急の所要時間は約33分~39分です。

近鉄特急の停車駅は次の通りです。

大阪難波=大阪上本町=鶴橋=生駒=大和西大寺=近鉄奈良

運行間隔は次の通りです。

平日は朝と夕方17時以降の運転。

土休日は昼以降60分間隔の運転。

運賃・料金は1,090円です。

近鉄特急によく乗る場合はネット予約がお得です。

特急料金の10%がポイントでもらえて、貯まったポイントで特急券を購入できます。

実質10%引きになりお得です。

近鉄特急 時刻表

近鉄奈良線快速急行・急行

大阪難波~奈良間の近鉄快速急行・急行の所要時間は約37分~44分です。

近鉄快速急行・急行の停車駅は次の通りです。

大阪難波=日本橋=大阪上本町=鶴橋=(布施)=(石切)=生駒=学園前=大和西大寺=新大宮=近鉄奈良

(急行は布施・石切にも停車)

快速急行のほとんどの列車は阪神神戸三宮まで直通しています。

運行間隔は約10分~20分間隔です。

運賃は570円です。

大和路快速から乗り換えできる列車

大阪駅

特急「サンダーバード」、特急「スーパーはくと」、特急「はまかぜ」、特急「こうのとり」、新快速

天王寺駅

特急「くろしお」、特急「はるか」、関空快速、紀州路快速

近鉄特急(橿原神宮前、吉野方面)

奈良駅

みやこ路快速

大和路快速とは

大和路快速は1989(平成元年)に221系の環状線直通快速への投入とともに誕生しました。

ルーツは1973年(昭和48年)に関西線湊町(現在はJR難波)~奈良間の電化に伴い設定された関西線・環状線直通快速です。

関西線・環状線直通快速には113系の朱色の帯を施された専用塗色の車両が使用されました。

大和路快速の愛称が設定されると同時に113系から221系に車両が置き換わり、大幅に快適性が増しました。

その後は1990年(平成2年)の最高速度が120㎞/hとなります。

2012年(平成24年)までに久宝寺、大正、福島が停車駅に加えられ現在に至ります。

大和路快速の関連商品

 

まとめ

・大和路快速は大阪梅田・天王寺と奈良を結ぶJR大和路線の最速達列車。

・近鉄奈良線の快速急行・急行と競合している

・リニューアルされた221系で運行されている

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング