旅行

みやこ路快速の停車駅や車内設備、座席、運賃を解説します。30分間隔で京都・宇治・奈良を結び観光にも日常利用も便利【乗車記】

みやこ路快速 221系

(2020年2月7日作成)

 

京都と奈良を結ぶJR奈良線の最速達列車が「みやこ路快速」です。

京都と奈良を約45分で結びます。

京都、宇治、奈良を通るので観光客に人気のほか、京都に向かう日常利用も多いです。

ここではみやこ路快速の車両、座席、運賃や競合交通機関について解説していきます。

 

 

みやこ路快速の車両と編成

使用車両

使用車両は221系です。

221系は1989年(平成元年)に誕生しました。

2011年(平成23年)から開始されたリニューアルも全車すべて完了しています。

リニューアル後はドア上にLED案内表示器が設置され、お手洗いも拡大し、補助席も設置されています。

みやこ路快速 221系

編成

みやこ路快速は4両または6両編成で運行されます。

2020年3月のダイヤ改正から土休日のみやこ路快速はすべて6両編成で運行されます。

みやこ路快速 221系

みやこ路快速の車内

みやこ路快速の座席はクロスシートで快適

みやこ路快速で使用される221系はクロスシートになっています。

みやこ路快速 221系 車内

一部の座席を除き向きが転換できます。

向かい合わせにすることもできます。

正式なドリンクホルダーとかはありませんが、ペットボトル程度なら窓の桟に置くことができます。

みやこ路快速 221系 座席

優先座席は各車両の京都寄りにあります。

優先座席には専用のカバーが取り付けられています。

みやこ路快速 221系 優先座席

221系はリニューアルされてから補助席が設置されました。

各扉付近に補助席が設置されています。

みやこ路快速 221系 補助席

ラッシュ時や混雑時以外には引き出して使用することができます。

みやこ路快速 221系 補助席

お手洗い等

各列車の京都寄りの先頭車、1号車にはお手洗いが設置されています。

車いすの方も利用できる広いタイプのお手洗いです。

みやこ路快速 221系 お手洗い

お手洗い横の「開」のボタンをおして扉をあけます。

みやこ路快速 221系 お手洗い

JR西日本の快速系列車の標準のお手洗いです。

みやこ路快速 221系 お手洗い

みやこ路快速の停車駅や所要時間と運行間隔など

みやこ路快速等の停車駅

みやこ路快速の停車駅は次の通りです。

京都=東福寺=六地蔵=宇治=城陽=玉水=木津=奈良

快速は次の駅に停車します。

京都=東福寺=六地蔵=宇治=JR小倉=新田=城陽=玉水=木津=奈良

区間快速の停車駅は次の通りです。

京都=東福寺=六地蔵=宇治=(各駅停車)=奈良

みやこ路快速の所要時間

京都〜奈良:約45分

京都~宇治:約17分~20分

宇治~奈良:約27分~30分

京都~奈良間には普通列車も運行していますが、宇治駅で快速と接続するため普通が京都や奈良まで先着することはありません。

普通よりも後の快速が先着するダイヤになっています。

みやこ路快速の運行間隔

京都発は9時台~16時台まで30分間隔で運行しています。

奈良発は9時台~16時台まで30分間隔で運行しています。

17時台以降は快速、区間快速として運行しています。

みやこ路快速の運賃、料金等

みやこ路快速(快速・区間快速)は通常の切符やICカードだけで乗車することができます。

京都~奈良:720円

京都~宇治:240円

宇治~奈良:510円

みやこ路快速と競合する交通機関の比較

みやこ路快速と同じ区間を運行する交通機関は近鉄京都線があります。

奈良駅は近鉄が奈良公園に近い町の中にあり、京都駅はJRと近鉄がほぼ同じ場所です。

みやこ路快速と近鉄特急・急行と比較します。

京都~奈良の交通機関の比較

  運賃 所要時間 運行本数
JRみやこ路快速 720円 約45分 30分間隔
近鉄特急 1,160円 約35分 30分間隔
近鉄急行 640円 約50分~60分

30~60分間隔

(大和西大寺では10~20分間隔)

交通機関の各区間の解説

近鉄特急

京都~奈良間の近鉄特急の所要時間は約35分です。

近鉄特急の停車駅は次の通りです。

京都=近鉄丹波橋=(高の原)=大和西大寺=近鉄奈良

(高の原には朝の京都行き、夕方以降の奈良行きの列車が停車)

運行間隔は8時台~22時台で約30分間隔です。

運賃・料金は1,160円です。

近鉄特急によく乗る場合はネット予約がお得です。

特急料金の10%がポイントでもらえて、貯まったポイントで特急券を購入できます。

実質10%引きになりお得です。

近鉄特急 時刻表

近鉄奈良線急行

京都~奈良間の近鉄急行の所要時間は約50分~60分です。

近鉄急行の停車駅は次の通りです。

京都=東寺=竹田=近鉄丹波橋=桃山御陵前=大久保=新田辺=新祝園=高の原=大和西大寺=新大宮=近鉄奈良

運行間隔は約30分~60分間隔です。

昼間は60分間隔ですが、地下鉄線に直通する四条方面国際会館発着の列車を含めると30分間隔です。

また、大和西大寺で橿原神宮前発着の急行から近鉄奈良発着の列車に同じホームで乗り換えができます。

これらを含めると近鉄京都線の急行は10分~20分間隔です。

運賃は640円です。

みやこ路快速から乗り換えできる列車

京都駅

新幹線「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」

特急「はるか」、特急「サンダーバード」、特急「スーパーはくと」、、特急「きのさき」、特急「まいづる」、特急「はしだて」、新快速

木津駅、奈良駅

大和路快速

みやこ路快速とは

みやこ路快速は2001年(平成13年)に、それまで運転されていた奈良線の快速の愛称が設定され誕生しました。

みやこ路快速の愛称は一般公募で決定されました。

奈良線の快速列車のうち、最速達列車をみやこ路快速と呼びます。

運賃、所要時間の関係から近鉄急行のライバル列車となっています。

京都や奈良、宇治といった国際的観光地を結ぶので観光の利用が多いです。

また宇治や城陽方面から京都市内への通勤、通学、買い物など日常の足としても活躍しています。

みやこ路快速の関連商品

 

まとめ

・みやこ路快速は京都と奈良を結ぶJR奈良線の最速達列車。

・京都、宇治、奈良を結び観光に便利

・近鉄京都線の急行と競合している

・リニューアルされた221系で運行されている

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加