鉄道

特急こうのとりのお得なきっぷや座席や車内設備を解説します。城崎や福知山、丹波、丹後方面へ向かう便利な列車【乗車記】

 

 

特急 こうのとり 289系
(2019年11月27日作成)

 

新大阪、大阪と福知山、豊岡、城崎を結ぶ特急「こうのとり」。

新大阪発なので新幹線からダイレクトにアクセスでき便利な列車です。

車両がすべてJR発足以降の車両に置き換えられ、快適度がアップしました。

 

ここではこうのとりの車両編成や車内の解説を記載すると同時に、車内設備や座席、お手洗いなどを写真を交えて解説します。

また、おとくなきっぷや安く乗車する方法などと合わせてこうのとりの魅力を解説していきます。

 

特急こうのとりの車両と編成

使用車両

特急こうのとりは287系、289系で運行されています。

3両編成、4両編成、7両編成の列車があります。

3両編成にはグリーン車は連結していません

 

287系は2011年から運行を開始したJR西日本の特急電車です。

こうのとり 287系

 

289系は2015年からこうのとりで運行されています。

289系は改造車で、もとは北陸と名古屋を結んでいた特急しらさぎ用の683系でした。

683系も2003年の製造なので、まだまだ新しい方の車両です。

城崎温泉方の先頭車の形状が違うので見分けはすぐにできます。

特急 こうのとり 289系

 

編成

こうのとりは3両編成、4両編成、7両編成があります。

3両編成にグリーン車は連結されていません。

車いす対応座席は287系の列車には2号車、289系の列車には3号車にあります。

 

3両編成:

287系:こうのとり7、25号、6、16号

 

特急 こうのとり 3両編成 編成表

4両編成:

287系:こうのとり9,11,27号、8,22,24号

289系:こうのとり1,3,5,13,15,17,21号、10,12,14,18,20,26,28号

特急 こうのとり 4両編成 編成表

7両編成

289系 こうのとり19号、2号

 

特急 こうのとり 7両編成 編成表

 

1号車の座席表です。

1号車はグリーン車と普通車が半室ずつあります。

特急 こうのとり 1号車 グリーン車 普通車 座席表

特急こうのとりの車内

グリーン車

グリーン車は1号車の福知山方にあります。

2+1の3列配置で、5列で15席あります。

コンセントがすべての座席についています。

 

287系のグリーン車です。

こうのとり 287系 グリーン車

 

JR西日本の特急電車のグリーン車の標準的な座席です。

こうのとり 287系 グリーン車

 

グリーン車の座席にはひじ掛けの下にコンセントがついています。

こうのとり 287系 グリーン車 コンセント

 

普通車

287系は全車両紺系のシートです。

こうのとり 287系 普通車

 

前面や前の座席の背にテーブルがあります。

小さなテーブルもあり状況に合わせて使い分けができます。

こうのとり 287系 普通車

 

車両の両端の座席にはコンセントがついています。

スマホの充電やパソコン仕事をしなければならないときは車両の前端か後ろ端の席を狙いましょう。

こうのとり 287系 普通車 コンセント

 

287系は2号車、289系は3号車に車いす対応座席と多目的お手洗いがあります。

289系の3号車は自由席の列車が多いですが、その場合も車いす対応座席は指定席となっています。

こうのとり 287系 普通車 2号車 車いす対応座席車

 

デッキから入ってすぐの座席が車いす対応座席となっています。

こうのとり 287系 普通車 2号車 車いす対応座席

 

お手洗い等

お手洗いは洋式暖房便座です。

3号車のお手洗いは女性専用お手洗いとなっています。

男性用のお手洗いも同じところにあります。

こうのとり 287系 お手洗い

 

287系の2号車には多目的お手洗いが設置されています。

 

287系の多目的お手洗いです。

287系の多目的お手洗いは通路にはみ出す形で設置されており、かなり広くなっています。

こうのとり 287系 多目的お手洗い

 

お手洗いの室内は広くゆったりしています。

こうのとり 287系 多目的お手洗い

洗面所です。

 こうのとり 287系 洗面台 こうのとり 287系 洗面台

 

食べ物、飲み物は乗る前に買いましょう

こうのとりはじめJR西日本の特急列車には車内販売がありません。

車内で飲食する場合は事前にコンビニなどで買いましょう。

 

こうのとりの運行路線、停車駅、時刻等

特急 こうのとり 路線図

「こうのとり」は新大阪~福知山、豊岡、城崎温泉間で運転されます。

 

停車駅は次の通りです

新大阪=大阪=尼崎=宝塚=(※西宮名塩)=三田=(新三田)=(相野)=篠山口=(谷川)=柏原=(黒井)=福知山=和田山=八鹿=江原=豊岡=城崎温泉

(カッコは一部の列車が停車、西宮名塩には朝の新大阪行きが停車)

 

所要時間は次の通りです。

新大阪・大阪~城崎温泉:約2時間50分

新大阪・大阪~豊岡:約2時間40分

新大阪・大阪~福知山:約1時間40分

新大阪・大阪~篠山口:約1時間

こうのとりの運賃、料金等

通常の運賃、料金

新大阪~城崎温泉:5,700円(指定席)

新大阪~豊岡:5,370円

新大阪~福知山:3,930円(指定席)

(自由席は530円安くなります。繁忙期や閑散期は少し変動します)

 

福知山駅で「きのさき」号と乗り換える場合は、特急料金は通算で計算されます。

福知山行きの「こうのとり」は同じホームで「きのさき」号と乗り換えできる列車も設定されています。

こうのとりに安く乗るには

新幹線との乗り継ぎ割引

新幹線から新大阪駅で乗り換えてこうのとりに乗る場合に割引があります。

乗車する駅の窓口でこうのとりの特急券も一緒に買うことでこうのとりの特急券が半額になります。

こうのとり指定席きっぷ

インターネット予約のe5489で申し込む専用の切符です。

2人以上で利用できます。

通常の運賃・料金より割安になるほか、こどもは1,000円で乗車でき非常にお得です。

前日までにインターネット予約すれば購入できます。

 

新大阪~城崎温泉:おとな4,580円、こども1,000円

新大阪~豊岡:おとな4,280円、こども1,000円

新大阪~福知山:おとな3,360円、こども1,000円

eきっぷ、e早得

eきっぷ、e早得はJ-WESTカード(JR西日本のクレジットカード)、JQCARD(JR九州のクレジットカード)会員向けに設定されている割引きっぷです。

eきっぷ、e早得ともインターネット予約のe5489、JR九州ネット予約で予約できます。

 

eきっぷは乗車当日まで予約できます。

eきっぷには普通車指定席用、グリーン車用があります。

 

e早得は3日前までの予約が必要です。

e早得はグリーン車用があります。

  

eきっぷの主な区間の値段は次の通りです。(普通車指定席)

新大阪・大阪~城崎温泉:おとな5,170円

新大阪・大阪~豊岡:おとな:4,840円

新大阪・大阪~福知山:おとな3,400円

 

e早得の主な区間の値段は次の通りです。(グリーン車)

新大阪・大阪~城崎温泉:おとな6,220円

新大阪・大阪~豊岡:おとな:5,890円

新大阪・大阪~福知山:おとな4,460円

特急こうのとりと競合する交通機関の比較

全但バスが城崎ー大阪線を運行しています。

新大阪駅、和田山駅や八鹿駅、江原駅、豊岡(豊田町)も経由します。

(一部の便を除く)

1日6往復運行しています。

所要時間は次の通りです。

大阪梅田(阪急三番街)~城崎温泉駅:約2時間55分~3時間25分

(こうのとり:約2時間50分)

大阪梅田(阪急三番街)~豊岡(豊田町):約2時間40分~3時間5分

(こうのとり:約2時間40分)

 

運賃は次の通りです。

大阪梅田(阪急三番街)~城崎温泉駅:3,800円

(こうのとり指定席割引切符:4,500円)

大阪梅田(阪急三番街)~豊岡(豊田町):3500円

(こうのとり指定席割引切符:4,200円)

学生割引(30%OFF)、往復割引(10%OFF)も設けています。

 

所要時間はあまり変わらず、値段が安いので時間が合う場合はバスのほうが利用しやすいと思います。

 

バスの時刻、運賃など詳しくは全但バスのページをご覧ください。

全但バス 城崎ー大阪線

 

特急こうのとりとは

特急こうのとりは2011年に「北近畿」から名称が変わって誕生しました。

1960年代に誕生した「まつかぜ」や「丹波」、「だいせん」などの福知山線を経由する特急・急行列車を起源としています。

 

1986年(昭和61年)の福知山線・山陰線(宝塚~城崎(当時))電化で城崎駅までの特急急行列車は「北近畿」にまとめられました。

 

その後、「エーデル鳥取」、「エーデル北近畿」、「タンゴエクスプローラー」、「文殊」などを吸収し現在は14往復の運行となっています。

現在は新大阪~福知山までが1時間に1本、城崎温泉までは1~2時間に1本の運転です。

 

福知山駅で「きのさき」号と乗り換える場合は、特急料金は通算で計算されます。

福知山行きの「こうのとり」は同じホームで「きのさき」号と乗り換えできる列車も設定されています。

 

まとめ

・こうのとりは1日14往復で運転

・普通車のコンセント付き座席は車両の端にある

・車内販売はないので乗車前にコンビニで購入

・インターネット予約がお得

 

城崎は温泉街が駅前にあり列車で行きやすい温泉地です。

冬はカニを食べに多くの方がこうのとりで城崎にこられます。

また福知山や豊岡は丹後半島の玄関口です。

大阪から列車でゆったりとカニや温泉を楽しみに城崎や丹後半島へいくのも楽しいです。

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

特急 こうのとり