【乗車記】南海の空港特急ラピートに損せずお得に乗る方法やほかの列車との比較、車内や設備を徹底解説します。

南海 ラピート 50000系

(2019年10月21日作成)

 

大阪のミナミの中心、なんばと関西空港を快適に結ぶ南海の空港特急「ラピート」。

鉄人28号をほうふつとさせる鉄仮面デザインはスピード感があふれ、古さを全くまったく感じさせません。

 

ここでは空港特急ラピートの車両編成や車内の解説を記載すると同時に、おとくなきっぷや安く乗車する方法などラピートの魅力を解説していきます。

 

特急ラピートとは

ラピートは関西空港へのアクセス特急として1994年(平成6年)に誕生しました。

 「ラピート」とは「速い」という意味のドイツ語です。

なんばと関西空港を結ぶ空港特急のスピード感にマッチしたネーミングとして、公募で選ばれました。

 

特急ラピートの車両と編成

使用車両

ラピートは専用の50000系車両が使用されます。

 南海 ラピート 50000系

 

編成

ラピートは6両編成です。

関西空港方が1号車です。

なんば方の2両、5号車、6号車はスーパーシート車です。

1号車~4号車はレギュラーシート車です。

南海 空港特急 ラピート 編成表

 

南海 ラピート 50000系 編成表

 

1号車から6号車までの座席表です。

南海 空港特急 ラピート 座席表 南海 空港特急 ラピート 座席表

 

特急ラピートの車内

スーパーシート

スーパーシート車は2+1列の3列座席です。

南海 ラピート 50000系 スーパーシート

 

ブラウン系のヒョウ柄の座席です。

シート間隔が1,200㎜、シート幅は485㎜でJRのグリーン車並みの広さです。

ドリンクホルダーが手すり部分に、テーブルが前についています。

なお、ラピートにはコンセントはついていません。

南海 ラピート 50000系 スーパーシート

 

5号車、6号車がスーパーシート車。

扉付近にスーパーシート車のマークがついています。

南海 ラピート 50000系 スーパーシート

レギュラーシート

1号車から4号車はレギュラーシート車です。

2列+2列の座席です。

南海 ラピート 50000系 レギュラーシート

 

レギュラーシートはシート間隔1,030㎜、シート幅460㎜でJR在来線特急の普通車よりもゆったりとしています。
少しグレーがかかったブラウン系の座席です。

テーブルは前についています。 

レギュラーシートにもコンセントはついていません。

南海 ラピート 50000系 レギュラーシート

 

座席上部の荷物置き場

ラピートには座席上部に飛行機のような荷物置き場がついています。

入れられる荷物の大きさに制限がありますが、網棚よりも安定しています。

ラピートに乗った瞬間に飛行機に乗ったような気分になる荷物置き場です。

南海 ラピート 50000系 ハットラック 座席上ラック 南海 ラピート 50000系 ハットラック 座席上ラック

 

お手洗い等

3号車、5号車にはお手洗いがあります。

お手洗いは洋式暖房便座です。

ベビーチェアが備えられています。

南海 ラピート 50000系 お手洗い


お手洗いの近くには大理石風の洗面台があります。

南海 ラピート 50000系 洗面台

 

各車両の荷物置き場

 各車両の端には荷物置き場があります。

盗難防止のワイヤーも設置されています。

南海 ラピート 50000系 荷物置き場 南海 ラピート 50000系 荷物置き場

 

ラピートには飲み物の自動販売機がある

ラピートの3号車には飲み物の自動販売機があります。

ラピートには車内販売はないので、食べ物はあらかじめ駅で買っておきましょう。

南海 ラピート 50000系 3号車 自動販売機

 

特急ラピートの運行路線、停車駅、時刻等

「ラピート」はなんば~関西空港間で運行してます。

 

停車駅は次の通りです

なんば=新今宮=天下茶屋=※堺=※岸和田=泉佐野=りんくうタウン=関西空港

 (ラピートαは堺、岸和田は通過)

 

ラピートの運行間隔はおおむね30分間隔です。

 

南海電鉄:ダイヤ検索

 

特急ラピートの運賃、料金等

通常の運賃、料金

なんば、新今宮、天下茶屋~関西空港:レギュラーシート1,450円、スーパーシート1,660円

(運賃930円、レギュラーシート特急券520円、スーパーシート特急券730円)

ラピートに安く乗るには

関空トク割ラピートきっぷ

関西トク割ラピートきっぷ

駅窓口で購入できるきっぷです。

 

発売区間:なんば、新今宮、天下茶屋、住吉大社、堺~関西空港

発売額

レギュラーシート:大人1,290円、小児650円

スーパーシート:大人1500円、小児850円

発売箇所:なんば(2Fサービスセンター、3F 特急券発売所)、新今宮、天下茶屋、住吉大社、堺、関西空港

支払い方法:現金、クレジットカード(一部カードを除く)

チケットレスや定期特別急行券でのグレードアップサービス

チケットレスや定期特別急行券ではレギュラーシートの料金でスーパーシートが利用できます。

チケットレスではスマホなどでスーパーシートを購入するとレギュラーシートの特急料金になります。

定期特別急行券もレギュラーシートの料金でスーパーシート(6号車)の定期が購入できます。

ようこそ大阪きっぷ

ようこそ大阪きっぷ

なんばまでの片道乗車券とラピートの特急券、OsakaMetroと大阪シティバスの一日乗車券がついてくるきっぷです。

価格は大人1,690円、小児850円です。

別々で購入するより360円~560円お得です。(大人の価格)

 

関空ちかトクきっぷ

関西ちかトクきっぷ

梅田などに大阪のキタ方面に向かうときに便利な切符です。

関西空港からOsakaMetroの各駅の間の片道が1,020円になります。

(小児510円)

梅田や新大阪に向かうときはお得になります。

ラピートの特急券は別に必要ですが、チケットレスで購入すればスーパーシートに乗れるので1,540円とトク割きっぷとほぼ同じ金額になります。

 

特急ラピートと競合する交通機関との比較

関西空港のアクセスはラピートのほかに南海の「空港急行」、JRの「はるか」や「関空快速」、空港リムジンバスがあります。

 

JR 関空特急はるか

関空特急 はるか

所要時間と運行間隔は次の通りです。

所要時間:

関西空港~天王寺:約35分

関西空港~新大阪:約50分

関西空港~京都:約1時間20分

(朝晩のラッシュ時には多少所要時間が増えます)

運行本数:1日30往復(おおむね30分間隔)

 

関空特急 はるか 路線図

運賃、料金は次の通りです。

関西空港~天王寺:自由席1,740円、指定席2,270円

関西空港~新大阪:自由席2,380円、指定席2,910円

関西空港~京都:自由席2,900円、指定席:3,430円

 

インターネットで3日前までの予約で購入できる「はるか往復早得きっぷ」が最も安くはるかに乗れます。

主な区間の価格は次の通りです。

新大阪~関西空港:3,770円(1,885円/回)

京都~関西空港:4,890円(2,445円)

 

関空特急はるか号のページ

 

JR 関空快速

JR 関空快速

所要時間
大阪〜関西空港:約1時間10分

天王寺〜関西空港:約50分

運行間隔
大阪駅からは6時台から運行しています。

9時台から21時台までは15分間隔です。

関西空港からは5時台から運行しています。

10時台から21時台は15分間隔です。

 

運賃は次の通りです。

大阪〜関西空港:1,210円

天王寺〜関西空港:1,080円

 

関空快速については次のページもご覧ください。

www.mizuhosakura.com

 

南海 空港急行

所要時間と運行間隔は次の通りです。

所要時間:なんば~関西空港:約44分

運行間隔:13~30分間隔(昼間はおおむね15分間隔)

 

運賃は次の通りです。

なんば、新今宮、天下茶屋~関西空港:930円

 

空港リムジンバス

関西空港交通 関空リムジンバス

所要時間と運行間隔は次の通りです。

関西空港~大阪駅前:約58分、15分~20分間隔

関西空港~なんば:約50分、20分~30分間隔

 

運賃は次の通りです

関西空港~大阪駅前:大人1,600円(小児800円)、往復2,820円

関西空港~なんば(OCAT):大人1,100円(小児550円)、往復1,900円

(往復乗車券は乗車日より14日有効、小児設定なし)

 

詳細な時刻表や運賃は次のページもご覧ください。

関西空港⇔大阪駅前 時刻表 運賃

関西空港⇔なんば(OCAT) 時刻表 運賃

ラピートの関連商品

プラレールが販売されています。

 

 

まとめ

・ラピートはなんばから関西空港を結ぶ便利な特急列車

・終日にわたりほぼ30分間隔で運行されている

・車内販売はないので乗車前にコンビニで購入

・インターネット予約でスーパーシートがお得

 

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてこのような記事も読まれています>

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング