【門司港駅】復元完了した歴史ある重厚な駅舎を解説します。スタバやレストラン、観光案内所もあり散策の拠点になる門司港駅。

門司港駅
(2018年4月7日作成)

 

 

門司港駅の復元工事が終わり、大正時代の重厚な駅舎が復活しました。

築100年以上もたち、国の重要文化財にも指定された駅舎は、現在も活きた駅であると同時に、門司港レトロの中心として今後も存在感を示す存在になります。

駅舎の中にはレストランやスターバックスなどもあり、休憩することもできます。

また、観光案内所もあるので、門司港レトロ地区の情報を仕入れることができます。

ここでは、復元された門司港駅のな内部をレポートします。

 

 

門司港駅に列車で降り立つ

門司港に電車で訪れようとすると、まず門司港駅に降り立ちます。

クルマで来たあなたも、ぜひ門司港駅を訪れてください。

 

1914年に建築された大正時代から続く駅舎を、当時の姿に復元しています。

門司港駅では観光案内所があり、門司港レトロのマップや焼きカレーマップがもらえます。

  

ホームの雰囲気もレトロな佇まいです。

f:id:mizuhosakura555:20181226134501j:plain

 

九州の鉄道の起点。

0キロポストと出発の鐘です。

 

f:id:mizuhosakura555:20181226134611j:plain

 

 

門司港駅舎の平面図

門司港駅舎の平面図です。

1階にはみどりの窓口や観光案内所、スターバックスや待合室があります。

2階にはみかど食堂や旧貴賓室などがあります。

門司港駅 平面図

改札前はスタバと待合室

切符売り場も大正時代の姿に復元されています。

切符売り場の横には緑の窓口と観光案内所があり、門司港レトロ地区の情報を得ることができます。

f:id:mizuhosakura555:20181226134646j:plain

 

 

コンコースの左側にはスターバックスがあります。

門司港駅 スターバックス

 

歴代のスターバックスのマークが列車のヘッドマーク調に展示されています。

広い店内で、門司港駅の内装を活かしたお店作りがされています。

門司港駅 スターバックス 門司港駅 スターバックス

 

ホーム側には待合室があります。

扉は当時の姿で復元されていますが、自動扉になっています。

門司港駅 待合室

 

 中には門司港駅の歴史などを映像で流しています。

電車の待ち時間にちょうど良いです。

門司港駅 待合室

 

2階はみかど食堂と貴賓室など

門司港駅の改札を出て右手にい行くと、2階への階があります。

スターバックスの中のエレベーターからも上がることがで来ます。

門司港駅 2階への階段

 

旧次室です。

貴賓の従者が控えるための部屋です。

手がかりが少なかったようですが、みかど食堂の従業員の記念写真に写っていたことからオリーブ色の絨毯と壁紙が復元できたようです。

門司港駅 旧次室 門司港駅 旧次室

 

旧次室から眺める門司港駅です。

門司港駅 旧次室からの眺め

 

旧次室の隣には旧貴賓室が復元されています。

大正天皇や昭和天皇も訪れた部屋です。

門司港駅 旧貴賓室

 

旧貴賓室は中に入ることはできませんが、外からその豪華な内装やシャンデリアを見ることができます。

 

門司港駅 旧貴賓室 門司港駅 旧貴賓室

 

 旧貴賓室、旧次室の反対側にはみかど食堂があります。

(イメージはJR九州発表資料より)

コースメニューのほか、温ライスやハンバーグ、カレーライスなどのアラカルトもあります。

 

営業時間は11:30~15:00(L.O14:00)、17:30~21:00(L.O20:00)です。

 

門司港駅 みかど食堂

 

まとめ

古き良き駅舎を復元しつつも、内部は利用する人が使いやすい、親しみやすい駅舎に生まれ変わった門司港駅。

電車で行く際も車で行く際も、ぜひ一度立ち寄って休憩や情報収集に活用してください。

 

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてこのような記事も読まれています>

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング