【乗車記】特急かもめの車両、座席、お得な切符などについて解説。博多〜長崎間を快適に結ぶ特急列車はネット予約でお得。

f:id:mizuhosakura555:20180508160700j:plain

(2017年10月16日作成、2019年5月6日更新)

 

博多から長崎を結ぶ特急「かもめ」。

速い列車は1時間50分程度で結びます。

振り子式のかもめとメタリックのかもめ。

どちらも味があります。

ここでは特急かもめの車両や車内、座席や設備、お得な乗り方やバスとの比較などについて解説していきます。

 

特急かもめとは

特急かもめは博多〜長崎を結ぶ特急列車です。

(一部は博多~佐賀・肥前鹿島の列車もあります)

 

かもめが博多~長崎の特急の名前になったのは1976年の長崎本線電化からです。

それまでの急行「出島」を格上げした特急に名付けられました。

 

「かもめ」が特急列車の名前になったのは1937年です。

東京~神戸の特急として運行していました。

1953年~1975年の山陽新幹線博多開業までは京都~博多・長崎・西鹿児島(現在の鹿児島中央駅、日豊本線(大分)経由)の特急列車でした。

 

特急かもめの車両と編成

使用車両

885系と787系で運行されています。

 

こちらは885系です。 

885系は2000年に「かもめ」で運行を開始しました。

原色系が多い九州の特急列車の中で白を基調とした色使いです。

搭乗時は黄色の帯でした。

2005年からリニューアルが施され車両すべてがインディゴブルーの帯に変更されています。

f:id:mizuhosakura555:20180508160700j:plain

 

こちらは787系です。 

787系は1992年に特急「つばめ」用として誕生しました。

「かもめ」には1994年から運行を始め、途中運行されない時期もありましたが、現在は約1/3の列車で運行されています。

 

f:id:mizuhosakura555:20180508160755j:plain

編成

特急「かもめ」の編成です

885系は6両編成です。

787系は主に7両編成で、ごく一部に6両編成があります。

自由席と指定席の割合は図の通りです。

(JR九州HPより)

特急かもめ 編成

(JR九州 HPより)

特急かもめの車内

885系かもめ

グリーン車

 グリーン車は1号車の半室です。

皮張りの使途が並びます。

特急ソニック 885系 グリーン車

 

ゆったりしたシートで間隔も広いのでくつろげます。

テーブルが若干小ぶりなのでパソコン作業などは向いてないかも。

コンセントはついています。

特急ソニック 885系 グリーン車 特急ソニック 885系 グリーン車 コンセント

 

運転席がガラス張りになっており、展望を楽しむことができます。

特急ソニック 885系 グリーン車

普通車

普通車です。

2号車の座席にはコンセントがあります。

特急ソニック 885系 普通車 特急ソニック 885系 普通車 2号車コンセント

 

主に自由席車となる4〜6号車のシートは布張に変更されていました。以前はすべての車両が革張で高級感があったのですが革張を嫌う方もいらっしゃるので変更となったようです。

f:id:mizuhosakura555:20180508160841j:plain

 

お手洗い等

お手洗いは少し探しにくいです。

曲線を活用した配置です。

特急ソニック 885系 2号車 多目的お手洗い 特急ソニック 885系 2号車 多目的お手洗い

 

885系かもめのデッキ付近には書道で装飾がされております。木目調もあいまって落ち着いた車内を演出しております。

f:id:mizuhosakura555:20180508161143j:plain

787系かもめ

普通車

普通車の指定席、自由席の座席です。

787系 かもめ 普通車

 

普通車ボックス席

787系かもめの4号車にはボックス席があります。

787系 かもめ ボックス席

 

ボックス席はガラスで仕切られています。

グループで利用するときにありがたいです。

787系 かもめ ボックス席

 

かもめには飲み物の自動販売機がある

特急かもめには飲み物の自動販売機があります。

お茶、コーヒー、ジュース等の飲み物が買えます。

その他の車内販売はないので駅で買っておきましょう。

 

写真は885系の自動販売機です。

特急ソニック 883系 自動販売機 特急ソニック 885系 自動販売機

 

特急かもめの停車駅、所要時間

特急かもめは下記の駅に停車します。

 

博多=(二日市)=鳥栖=新鳥栖=佐賀=(肥前山口)=肥前鹿島=諫早=浦上=長崎

(カッコは一部の列車が停車します)

  

所要時間は下記の通りです。

博多〜長崎:885系白いかもめ約1時間50分、787系約2時間5分

博多〜佐賀:約40分

 

時刻は博多駅基準で5時台〜22時台までおおむね1時間に1~2本。

8時台~10時台、16時台~19時台は1時間に2本運行しています。

長崎駅基準で5時台から21時台までおおむね1時間に1~2本で運行しています。

8、9時台、16時台~19時台は1時間に2本運行しています。

 

特急かもめの運賃、料金等

通常の運賃、料金

博多~長崎:指定席:4,710円、自由席:4,190円

博多~佐賀:指定席:2,450円、自由席:1,930円

かもめに安く乗るには

JR九州ネット早得7

JR九州のネット予約です。

7日前までに予約すれば利用できます。

ネット早得7は予約後の変更はできません。

ポイントが1%つきます。

 

博多~長崎:2,300円

JR九州ネット早得3

JR九州のネット予約です。

3日前までに予約すれば利用できます。

3日前であれば変更も可能です。

ポイントが1%つきます。

 

博多~長崎:2,500円

 

JR九州ネットきっぷ

こちらネット予約で当日まで予約可能なきっぷです。

急に利用する場合でも安心です。

受取前なら何度でも変更可能です。

(予約した列車が出発した場合を除きます)

ポイントが1%つきますので「2枚きっぷ」よりもお得です。

 

博多~諫早・浦上・長崎:3,090円

博多~佐賀:1,190円

 

(指定席・自由席とも同じ料金です)

 

JR九州のネット予約は登録は無料で、クレジットカードを登録すればすぐに利用できます。

駅の窓口のほか、指定席券売機での受け取りも可能です。

>>JR九州ネット予約のページへ<<

 

2枚きっぷ(自由席)(指定席)

2枚買えばお得なきっぷ。

往復でも2人でも利用できます。

(指定席用)

福岡市内〜長崎:大人6,180円(3,090円/枚)

博多〜肥前鹿島:大人4,600円(2,300円/枚)

 

(自由席用)

博多〜佐賀:大人2,260円(1,130円/枚)

博多〜肥前山口:大人3,440円(1,720円/枚)

 

詳しくはJR九州の割引きっぷのページもご覧下さい。

>>JR九州の割引切符のページへ<<

特急かもめと競合する交通機関との比較

特急かもめと同じ区間を運行する高速バスは「九州号」(福岡~長崎)、「わかくす号」(福岡~佐賀)があります。

 

・九州号(福岡~長崎)

所要時間と運行間隔は次の通りです。

所要時間:福岡(天神)・博多駅~長崎駅:約2時間30分(スーパーノンストップ)~約3時間

運行間隔15~30分間隔(1時間3~4本)

 

運賃は福岡~長崎で2,570円です。

往復乗車券で4,630円(片道2,315円)、回数乗車券(4回利用)で8,230円(2,057円/回)まで安くなります。

 

高速バス九州号のページ 

 

・わかくす号(福岡(天神)~佐賀

所要時間と運行間隔は次の通りです。

所要時間:福岡(天神)~佐賀駅バスセンター:約1時間16分

運行間隔15分~30分間隔

 

運賃は福岡(天神)~佐賀で1,030円です。

往復乗車券で1,850円(片道925円)、回数乗車券(4回利用)で3,400円(850円/回)まで安くなります。

 

高速バスわかくす号のページ

 

かもめにも乗れる宿泊も一緒ならさらにお得なJRセットプラン

日本旅行が宿泊+JRセットプランを取り扱っています。

関西発の長崎は2泊3日で28,000円〜でいけます。

地図から選んで申し込むことができます。

   

特急かもめの関連商品

プラレール、Nゲージで787系、885系が発売されています。

 

 

まとめ

・特急かもめは博多と佐賀・長崎を結ぶ特急列車

・885系と787系で運行されている

・グリーン車と一部の指定席にはコンセント付き

・飲み物の自動販売機が設置されていて便利

・ネット予約や2枚きっぷを活用すればお得に乗車できる

  

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<ほかにもこのような記事も読まれています>

www.mizuhosakura.com

www.mizuhosakura.com

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング