【究極のカレー事情聴取2019】提供されたカレーを解説します。既成概念をぶち破る、衝撃的で楽しくもおいしいカレーの集合体。

究極のカレー事情聴取2019

(カレー事情聴取のアカウントより)

(2019年6月12日作成、7月4日更新)

 

関西カレー界の大イベント、カレー事情聴取。

その中でもさらに特別な「究極のカレー事情聴取」は人気カレー店のコラボしたあいがけカレーが楽しめます。

究極のカレー事情聴取2019は6月29日夜、6月30日昼に開催されました。

 

「カレー」という枠にゆるりと収まりつつ、既成概念をぶち破る楽しくもおいしいカレーや料理の集合体でした。

 

2日間で提供されたカレーをレポートします。

 

 

究極のカレー事情聴取の概要

日時は2018年6月29日夜、6月30日昼で開催されました。

6/29夜の部は18:00〜、6/30昼の部は12:00〜で開催されました。

入場料は1,600円です。(ワンドリンクとコラボカレーチケット2枚込み)

追加チケットは1枚600円、2枚1,100円で購入です。

 

場所はJR環状線野田駅、地下鉄玉川駅から徒歩7,8分程度のところにある油野美術館です。

f:id:mizuhosakura555:20180406231854j:plain

以下に今回の各部ごとのメニューラインナップを記載します。(メニューは当日変更になることもあります) 

 

6月27日発売の「究極のカレー2020関西版」についている優先入場券を持参して開催時間までに並ぶと、優先入場列に並ぶことができます。

持っていない場合は通常の入場列に並ぶことになり、優先入場列のあとから入場することになります。

昨年は究極のカレーは会場の油野美術館でも販売していましたので、必要に応じて購入するのもいいかもしれません。

 

昨年の様子はこちらをご覧ください。

www.mizuhosakura.com

 

6月29日夜の部のラインナップ

アアベルカレー&定食堂金剛石

タッグ名:嗚呼!!金剛ベル

メニュー名:THE大阪ターリー

 

大阪の素材を使った地産地消コラボカリープレートです。

甘めの白みそとスパイシーなポークキーマの相性は抜群です。

カチュンバルとアチャールが色とりどりで見た目もたのしいプレートです。

アブラカスのダルフライやお好み風おやきも濃厚独特でカレーとよく合います。

究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 アアベルカレー&定食堂金剛石 THE大阪ターリー 究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 アアベルカレー&定食堂金剛石 THE大阪ターリー

Ghar&サッチェズカリー

タッグ名:ガルッチェーズカレー

メニュー名:鹿鹿カレーとベジベジカレー~二種のアチャールを添えて~

 

しっかりスパイシーな鹿カレーと優しいベジベジカレー。

しかも野菜もたっぷり入っていました。

究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 Ghar&サッチェズカリー 鹿鹿カレーとベジベジカレー 二種のアチャールを添えて 究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 Ghar&サッチェズカリー 鹿鹿カレーとベジベジカレー 二種のアチャールを添えて

 

スパイスカリーバビルの塔&ニッポンカリー オルタナ。

タッグ名:逆スモールフェイセス

メニュー名:「山」「海」

 

「海」と「山」2種類のカレーの提供です。

究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 スパイスカリーバビルの塔&ニッポンカリーオルタナ。

 

「海」は白みそベースの旨味たっぷり蟹アサリカリーと凝縮された旨味のあん肝キーマ。

「山」は濃厚豚バラカリーとゴボウといんげん豆のカリーでした。

あっさりポテサラが途中に食べるのにちょうどよかったです。

究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 スパイスカリーバビルの塔&ニッポンカリーオルタナ。 「海」 究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 スパイスカリーバビルの塔&ニッポンカリーオルタナ。 「山」

 

スパイス料理ナッラマナム&スープカレーなっぱ

タッグ名:なっぱまなむ

メニュー名:採算度外視原価80%越えスペシャルヌードル

 

ヌードルが見えないほど具材たっぷりです。

豚バラ、海老、トマト、甘煮黒豆などを最初はそれぞれ、そして全混ぜでいただきます。

麻辣的なペーストが入っていて、混ぜると最後はしびれが心地よくやってくるヌードルでした。

究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 スパイス料理ナッラマナム&スープカレーなっぱ 採算度外視原価80%超えスペシャルヌードル 究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 スパイス料理ナッラマナム&スープカレーなっぱ 採算度外視原価80%超えスペシャルヌードル


 

 

NOMSON CURRY&旬香唐

タッグ名:寿司処 旬香尊

メニュー名:海鮮スパイスちらし寿司と挽き割りダルの椀物

 

海鮮スパイスちらし寿司という衝撃的なコラボメニューでした。

究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 NOMSON CURRY&旬香唐 海鮮スパイスちらし寿司と挽き割りダルの椀物

 

いくら、えび、タイ、まぐろなどたっぷり海鮮にさわやかな酢飯。

見えませんが下には蟹だしの旨味たっぷりキーマが隠れています。

挽き割りダルとあさりの汁物がついていて、途中から混ぜながらいただくとまろやかな味に変化。

仕掛けたっぷりのおいしく楽しい一品でした。

究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 NOMSON CURRY&旬香唐 海鮮スパイスちらし寿司と挽き割りダルの椀物 究極のカレー事情聴取2019 2019年6月29日 NOMSON CURRY&旬香唐 海鮮スパイスちらし寿司と挽き割りダルの椀物

 

 

6月30日昼の部のラインナップ

アノニマス&大衆中遊華食堂 八戒

タッグ名:黒田おさむ

メニュー名:~スパイスに国境は無し~スリランカ×中国

黒田式:発酵白菜と豚肉のキーマ/茄子のモジュ/バスマティ・イエローライス+

osamu式:四川麻婆豆腐カリー/ラム肉唐辛子煮込み

 

モジュなどスリランカの料理と麻婆豆腐などの中華の融合です。

発酵白菜と豚肉のキーマも濃いので食べ応えのある一品でした。

ラム肉も入ってとても豪華です。

混ぜてみるとさらに旨味がはじけだしてたまらなかったです。

究極のカレー事情聴取 2019年6月30日 アノニマス&大衆中遊華食堂八戒 〜スパイスに国境は無し〜 スリランカ×中国 究極のカレー事情聴取2019 2019年6月30日 アノニマス&大衆中遊華食堂八戒 〜スパイスに国境は無し〜スリランカ×中国

 

セイロンカリー&虹の仏

タッグ名:R&R(リョウヤ&ランジ)

メニュー名:鴨ン!魚ベイビー!

 

スリランカスタイルで登場です。

ダルやビーツ、パパイヤやインゲンなどの副菜の囲まれた魚と鴨のカレー。

鴨はパンチがあり、魚カレーは優しい味。

混ぜると複雑なうまみを感じるおいしいカリーでした。

究極のカレー事情聴取 2019年6月30日 セイロンカリー&虹の仏 鴨ン!魚ベイビー 究極のカレー事情聴取 2019年6月30日 セイロンカリー&虹の仏 鴨ン!魚ベイビー!

 

堕天使かっきーin青空食堂&wacca

タッグ名:fallen wacca♡

メニュー名:フォアグラと無水鴨のロッシーニ風、と、海鮮色々スパイスリゾット

 

黒いリゾットは海鮮とのこと、イカ墨でしょうか。

プラムのすっぱ甘いソースとまろやかなオリーブ卵黄ソース。

これに濃厚無水鴨とフォアグラを食べつつ混ぜていく、食べるごとに味が変わるおもしろい一品でした。

究極のカレー事情聴取 2019年6月30日 堕天使かっきーin青空食堂&wacca フォアグラと無水鴨のロッシーニ風、と、海鮮色々スパイスリゾット 究極のカレー事情聴取 2019年6月30日 堕天使かっきーin青空食堂&wacca フォアグラと無水鴨のロッシーニ風、と、海鮮色々スパイスリゾット

 

ガネーシュN&旧ヤム亭シモキタ荘

タッグ名:ガリガリ姉弟 イタコ

メニュー名:Wマトン

 

二つのマトンカリーの饗宴です。

パンチのある赤マトンと優しくもマトンの白マトン。

濃厚同士のぶつかり合いは食べ応えがあってとてもおいしかったです。

 

究極のカレー事情聴取 2019年6月30日 ガネーシュN&旧ヤム亭シモキタ荘 Wマトン 究極のカレー事情聴取2019 2019年6月30日 ガネーシュN&旧ヤム亭シモキタ荘 Wマトン

 

asian kitchen cafe 百福&旅人シェフのタイ食堂KHAO

タッグ名:amazing THAILAND

メニュー名:マイチャイカリー

 

ご飯も分かれているのは衝撃的でした。

ジャスミンライスでもえび味噌炒めと鶏だし。

タイ式ドライキーマとレッドカレー炒め。

カオマンガイやタイ式角煮もついていて、一皿でタイを満喫できる一品でした。

2019年6月30日 asian kitchen cafe 百福&旅人シェフのタイ食堂KHAO マイチャイカリー 究極のカレー事情聴取 2019年6月30日 asian kitchen cafe 百福&旅人シェフのタイ食堂KHAO マイチャイカリー

 

 

まとめ

 

今回はちらし寿司などスパイス料理の概念を変える一品や、マトンなど素材で勝負の一品、タイやスリランカ、中華との融合、リゾットやソースの工夫など多彩でした。

カレーの世界は既成概念の枠を超えてどんどん広がるのが楽しいです。

頂くばかりで恐縮ですが、このような楽しくもおいしいメニューを考案されたお店の方々やイベントを企画、実行された方々に感謝します。

また来年も楽しみにしています。

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 <あわせて下記のような記事も読まれています>

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング