【乗車記】和歌山・南紀へ便利な特急くろしお!快適な車内やお得なきっぷなどを徹底解説!

f:id:mizuhosakura555:20180607121854j:plain

(2018年6月8日作成)

新大阪から和歌山、南紀方面を結ぶ特急「くろしお」。

新大阪発なので新幹線からダイレクトにアクセスでき便利な列車です。

最近は車両がすべてJR発足以降の車両に置き換えられ、快適度がアップしました。

ここではくろしおの車両や車内の解説とともに車窓やおとくなきっぷなどくろしおの魅力を解説していきます。

 

特急くろしおとは

特急くろしおは昭和40年代からある歴史ある特急列車です。

平成になってから始発駅が新大阪に変わり、利便性がアップしました。

現在は新大阪~白浜までが1時間に1本、新宮までが2~3時間に1本の頻度で運転しています。

1日18往復の運転です。

早朝の和歌山、海南始発、深夜には和歌山行きもあります。

>>くろしお時刻表(JR西日本HP)<<

 

特急くろしおは新大阪駅では11番線の発着となっております。

新幹線の乗り換え改札口からすぐに11番ホームに到着することができ非常に便利です。

特急くろしおの車両と編成

使用車両

特急くろしおは283系、287系、289系で運行されています。

列車はすべて6両編成で、1号車の半分がグリーン車、2,3号車が自由席です。

 

283系は旧オーシャンアロー号で使用された特別仕様の車両で、時刻表には「パノラマグリーン車使用」との表記があります。

使用列車:白浜・新宮方面:くろしお1,13、21,33号

新大阪方面、4,16,24,32号

 

287系は2011年から運行を開始したJR西日本の最新型特急電車です。

パンダくろしおも287系での運行です。

>>パンダくろしお運行スケジュール<<

f:id:mizuhosakura555:20180608000422j:plain

289系は2015年からくろしおで運行されています。

289系は改造車で、もとは北陸と名古屋を結んでいた特急しらさぎ用の683系でした。

683系も2003年の製造なので、まだまだ新しい方の車両です。

 

f:id:mizuhosakura555:20180607122506j:plain

 

編成

くろしおは基本は6両編成でラッシュ時や多客時は9両編成に増結されます。

1号車がグリーン車と普通車指定席、2・3号車は普通車自由席、4〜6号車は普通車指定席です。

5号車の一部には女性専用席があります。

f:id:mizuhosakura555:20180608100908j:plain

特急くろしおの車内

グリーン車

グリーン車は2+1の3列配置です。

コンセントがすべての座席についています。

289系のグリーン車です。

f:id:mizuhosakura555:20180608102618j:plain

287系のグリーン車です。

f:id:mizuhosakura555:20180608102704j:plain

普通車

289系の座席です。自由席は紺系、指定席は赤系のシートになっています。

f:id:mizuhosakura555:20180608101842j:plain f:id:mizuhosakura555:20180608102416j:plain

287系は全車両紺系のシートです。

f:id:mizuhosakura555:20180608101929j:plain

車両の両端の座席にはコンセントがついています。

f:id:mizuhosakura555:20180608102517j:plain

お手洗い等

お手洗いは洋式暖房便座です。

ベビーチェアが備えられています。

f:id:mizuhosakura555:20180608103138j:plain

4号車には多目的お手洗いが設置されています。

289系の多目的お手洗いです。

f:id:mizuhosakura555:20180608103309j:plain

287系の多目的お手洗いです。

通路にはみ出す形で設置されており、かなり広くなっています。

f:id:mizuhosakura555:20180608103427j:plain

車窓も楽しみ

雄大な太平洋を望む

車窓からは太平洋の青い海を見ることができます。

紀伊田辺駅の少し手前の切目駅あたりから車窓ははじまります。

天気のいい時はアナウンスがあります。

この車窓を見るにはC,D列の座席に座ることをお勧めします。

f:id:mizuhosakura555:20180608104321j:plain

f:id:mizuhosakura555:20180608104348j:plain

梅田のビル群の夜景を楽しむ

新大阪に夜に到着する列車にのると、新大阪到着直前で大阪駅近辺のビル群の夜景を楽しむことができます。

大阪駅もドーム屋根を含めた全景を見ることができますし、グランフロントのビル群も見ることができます。

この夜景を見るにはA,Bの席に座ることをお勧めします。

f:id:mizuhosakura555:20180608104614j:plain

f:id:mizuhosakura555:20180608104639j:plain

食べ物、飲み物は乗る前に買いましょう

くろしおはじめJR西日本の特急列車には車内販売がありません。

車内で飲食する場合は事前にコンビニなどで買いましょう。

白浜で買ったさんま寿司と平天がうまい

白浜駅にもミニコンビニがありますが、駅前にお寿司屋さんがあり、鯖棒寿司などを買うことができます。

この日は閉店直前でしたがさんま寿司を買うことができました。

ほどよい酢加減のおいしいお寿司でした。

f:id:mizuhosakura555:20180608105146j:plain f:id:mizuhosakura555:20180608105218j:plain

こちらはひら天、あっさり目の味でした。

f:id:mizuhosakura555:20180608105426j:plain

くろしおの運賃、料金等

通常の運賃、料金

新大阪~白浜:5,600円(指定席)

新大阪~新宮:7,210円(指定席)

(自由席は520円安くなります。繁忙期や閑散期は少し変動します)

くろしおに安く乗るには

・新幹線との乗り継ぎ割引

新幹線から新大阪駅で乗り換えてくろしおに乗る場合に割引があります。

乗車する駅の窓口でくろしおの特急券も一緒に買うことでくろしおの特急券が半額になります。

・インターネット予約専用「くろしお指定席きっぷ」

インターネット予約のe5489で申し込む専用の切符です

通常の運賃・料金より割安になるほか、こどもは1,000円で乗車でき非常にお得です。

前日までにインターネット予約すれば購入できます。

 

新大阪~白浜:おとな4,400円、こども1,000円

新大阪~新宮:おとな5,400円、こども1,000円

くろしおの関連商品

パンダくろしおのプラレールやNゲージが販売されています。

287系や289系のNゲージも販売されています。

まとめ

・くろしおは関西~和歌山、南紀を結ぶ便利な特急列車

・くろしおは1日18往復で白浜までは1本/時、新宮までは1本/2~3時間

・紀伊田辺の少し新大阪方から太平洋を望む車窓が楽しめる(C,D席)

・普通車のコンセント付き座席は車両の端にある

・車内販売はないので乗車前にコンビニで購入

・インターネット予約がお得

 

白浜は夏は海水浴、冬は温泉がありアドベンチャーワールドも楽しめます。

また串本や新宮などで海の幸を楽しんだり、熊野古道観光のアクセスとしてくろしおは便利な列車です。

これからの旅行プランに加えるのもいいか思います。

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてこのような記事も読まれています>

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング