【古都】阪急のラッピング列車「古都」の和のイラストを撮影!

f:id:mizuhosakura555:20181118204353j:plain

(2018年11月19日作成)

 

阪急のラッピング列車は2018年の3月からリニューアルされて、神戸、宝塚、京都各線で1000系車両がラッピングされています。

京都線の「古都」編成の東面(梅田方面に向かって右側)を撮影することができましたのでお届けします。 

 

 

 

「古都」ラッピング列車

 

京都線では1301編成が3月から「古都」編成としてラッピングされていました。

11月17日からは西面(梅田方面に向かって左側)がリニューアルされ、東面は和風、西面は洋風と両面で異なるデザインとなっています。

両面ともイラストレーターの永田萠さんのデザインです。

 

>>阪急イラストラッピング列車「爽風・宝夢・古都」の概要<<

 

今回撮影した東面の和風デザインは2018年3月からラッピングされています。

 

 1301(梅田方から1両目)

「さくら」(八坂神社・祇園白川)

春の桜をイメージしています。

f:id:mizuhosakura555:20181118204441j:plain

 

 

1901(梅田方から3両目)

「あさがお・つゆくさ」(町家)と「はす・てっせん」(天龍寺)

夏の花がラッピングされています。

f:id:mizuhosakura555:20181118204454j:plain

 

 

1851(梅田方から6両目)

「もみじ」(渡月橋・永観堂)

秋の色づいた紅葉がきれいです。

f:id:mizuhosakura555:20181118204515j:plain

 

 

1401(梅田方から8両目)

「うめ・さざんか」(神泉苑)と「つばき」(銀閣寺)

うめ、さざんかとつばきが彩られています。

f:id:mizuhosakura555:20181118204537j:plain

 

 

その他の車両には、古都のロゴと春夏秋冬をイメージしたイラストが施されています。

f:id:mizuhosakura555:20181118204639j:plain

「古都」の運行区間

 1300系は、京都線、千里線、地下鉄堺筋線で運行されています。

普通、準急で主に運行されていますが、代走で特急や快速急行でも運行されています。公式では運用は公開されていないので、追いかけることはできません。

見かけたらラッキーですね。

 

まとめ

 

阪急のラッピング電車は、運行期間が2019年10月まで延長されました。

とくに京都線の両面で違ったデザインの電車はなかなかないので、また見かけたら撮影してきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 <あわせて下記のような記事も読まれています>

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング