【花たぬき】京のお好み焼き「たぬき焼き」をはじめ気軽に鉄板焼きがいただける落ち着いた空間のお店、ポイントも!

 


たぬき焼き
(2017年11月9日作成、2018年12月28日更新)

 

京都のグルメといえばいろいろあります。


その中でも京都市内を中心にチェーン展開している花たぬきさんに伺いました。

京のお好み焼き「たぬき焼き」がいただけるお店です。

たぬき焼きとはいかに?レポートします。

 

>>花たぬき 河原町店の詳細情報はコチラ<< 

 

 

河原町店に潜入

今回訪れたのは河原町店です。河原町通りから西側に少し入ったところ。錦市場に近いところにお店はあります。

京たぬき河原町店

 

お店はかなり広く、オープン空間のテーブル席と格子戸で仕切られた半個室があります.

今回は半個室の通していただいたので落ち着いて過ごせました。

お昼の時間に訪問したのでランチメニューを示します。

京たぬき河原町店のランチメニュー


夜のメニューもコスパがよさげでしたが、昼はさらに価格が魅力的でした。この中から、「たぬき焼定食」と「京風ねぎ焼定食」をお願いしました。

 

ランチビールは格安

とその前に、ランチビールが250円!プレミアムモルツの薫るエールだそうです。

 

しっかりとジョッキで提供されました。うれしいです。夜でも会員になると390円(通常は490円、会費は300円のため3杯で元が取れる)なのでお得な価格設定です。

ランチビールのプレミアムモルツ香るエールは250円

 >>花たぬき 河原町店の詳細情報はコチラ<< 

九条ねぎたっぷりのねぎ焼

生ビールを1杯飲んで待っている間に京風ねぎ焼が到着しました。

 

かなりのボリュームです。

厚めの生地には九条ネギとすじこんがたくさん入っていました。

ねぎの触感を感じられるおいしい一品です。

自家製ソースは辛いソースと甘いソースがありましたが甘いソースがねぎ焼にはよく合いました。

京風ねぎ焼

 

ボリューム満点のたぬき焼

少し遅れてたぬき焼が到着しました。

 

薄めの記事に麺と豚肉、上にはたっぷりの九条ねぎと卵。ビジュアル的にすごいです。ソースと香ばしい肉の薫りとねぎの薫りが合わさって食欲をそそります。

四等分して卵をつぶし、少し焼いて口に入れるとねぎのシャキシャキ感がたまりません。

九条ねぎで作るから味わえる触感と香りです。

生地と麺にしみ込んだだしの味も絶妙です。

こちらも追加で辛いソース、甘いソースで楽しみました。

たぬき焼き

 

まとめ

セットにはこれにご飯、味噌汁、ミニサラダがついてきます。これで980円〜1,080円はお得です。

夜のメニューも魅力的ですし、京都市内の繁華街や駅前の便利なところにお店があるようなのでまた訪れたいお店です。

そしてこちらのお店ではちょびリッチやポイントタウンのモニターで訪れることも可能です。夜訪れるときは活用したいと思います。

 

>>花たぬき 河原町店の詳細情報はコチラ<< 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 <あわせて下記のような記事も読まれてています>

www.mizuhosakura.com

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング