【カレー事情聴取2018Vol.22】出汁系や特濃エビ、現地系や燻製など!今回も多種多様独創の結晶がカレーにまとまった4日間!

f:id:mizuhosakura555:20180627203035j:plain

(カレー事情聴取のアカウントより)

(2018年6月27日作成、7月17日更新)

 

2018年、夏のカレー事情聴取が終わりました。

カレー事情聴取Vol.22は7月13日〜16日の日程で開催されました。

 

出汁カレーあり、ネパールやスリランカの現地系あり、超独創的カレーあり、エビやラム、燻製など多種多彩多様なカレーを楽しめた4日間でした。

ここでは私がいただいたカレー51食を紹介していきます。

 

 

カレー事情聴取の概要

日時は2018年7月13日〜16日で13日は夜の部のみ、14~16日は昼夜開催でした。

昼の部は12:00〜、夜の部は19:00〜で開催されました。

入場料は1,500円(ワンドリンクとカレーチケット3枚込み)

追加チケットは1枚400円、3枚1,000円です。

 

場所は油野美術館です。

アクセスはJR環状線野田駅、地下鉄玉川駅から徒歩7,8分程度で着きます。

f:id:mizuhosakura555:20180406231854j:plain

 

 

過去3回の事情聴取のレポートを参考にリンク記載します。

 >>カレー事情聴取Vol.19(2017.10)<< 

>>カレー事情聴取Vol.20(2018.1)<<

>>カレー事情聴取Vol.21(2018.4)<<

 

7月13日夜の部のラインナップ

南国シーフードカリー(ホタテとイカ)(ニタカリー)

たくさんのホタテとイカを夏らしい爽やかなスパイシーさで味付けされたカレーでした。ホタテが柔らかかったのが印象的です。

f:id:mizuhosakura555:20180713233945j:plain f:id:mizuhosakura555:20180713234014j:plain

甘辛カレー~すりらんかの薫り~(すりらんかごはんハルカリ)

スリランカのスパイシーさと甘辛さが見事にマッチしたカレーです。

ジャガイモとひき肉に甘辛スパイシーな味わいが良くしみていました。

f:id:mizuhosakura555:20180713234058j:plain f:id:mizuhosakura555:20180713234135j:plain

レモンチキンドライキーマの混ぜご飯(事情聴取Ver.)(ロクヨンカレー(神戸元町))

f:id:mizuhosakura555:20180713234213j:plain

レモンの香りのするドライキーマにパクチー、ねぎが乗っています。

よーく混ぜ合わせて、ご飯にレモンの香りが移るまで混ぜ込みました。

酸っぱくも旨みのあるスパイシーなご飯で食べごたえがありました。

f:id:mizuhosakura555:20180713234245j:plain f:id:mizuhosakura555:20180713234308j:plain

 

旗の裏に一言!

全て違う言葉が書いてあるとのことです。

私は縁あってこの旗がやってきたのでしょう。

あきらめず燃え尽きる生き方をしていきます!

f:id:mizuhosakura555:20180713235116j:plain

燻製豚角煮カレー(カレーと燻製 琥珀荘)

燻製とカレーのおいしい琥珀荘さん。

豚角煮の燻製は初めてですが、濃厚な角煮と燻製の香りは相性がよいです。

あっさり目のカレーによく合います。

ポテサラの付け合わせもいつも通りおいしいです。

f:id:mizuhosakura555:20180713234335j:plain f:id:mizuhosakura555:20180713234355j:plain

四度蘇る花山椒辛口キーマVer.初夏の陣(ロクパ スパイスカリー883)

今回も2種類で攻めてきました。

もちろん両方頂きました。

f:id:mizuhosakura555:20180713234434j:plain f:id:mizuhosakura555:20180713234458j:plain

 

まずは麺。

前回より優しめのシビレ具合の辛口キーマが麺の上に鎮座しています。

下にラー油があるので、よーく混ぜていただきます。

濃厚でややパンチのあるシビレ具合に麺が絡みとてもおいしかったです。

f:id:mizuhosakura555:20180713234522j:plain 

次は冷製お茶漬けカレー。

これも辛口キーマに出汁がかかっています。

出汁氷がついているので混ぜ合わせて冷ましていただきました。

冷ますとご飯に出汁とキーマがよくしゅんでおいしかったです。

f:id:mizuhosakura555:20180713234549j:plain f:id:mizuhosakura555:20180713234619j:plain

ココナッツチキンカレー&塩レモンキーマ(ほっとあわとく)

左がココナッツチキン、右がレモンキーマです。

ココナッツチキンは香りがまろやかでとても食べやすい!

レモンキーマはとても爽やかでひき肉の旨みとよくマッチしてました。

f:id:mizuhosakura555:20180713234658j:plain f:id:mizuhosakura555:20180713234728j:plain

かますお出汁のがんもどきとせせりのカレー(お出汁とスパイス 元祖エレクトロニカレー)

 お出汁とスパイスの融合したカレーはおいしいですが、その中でもこの出汁カレーは最高にうまい!

出汁の旨味とスパイシーさがかけ合わさりさらなる旨味を生み出しています。

がんもどきによくだしがしゅんでまたそれもうまい!!

16日にも出店されるのでまた楽しみです。

f:id:mizuhosakura555:20180713234755j:plain f:id:mizuhosakura555:20180713234810j:plain

 

7月14日昼の部のラインナップ

アゴ出汁パリップ(サカイヤ食堂(兵庫丹波))

塩気のあるアゴ出汁がパリップにパンチを加え旨み爆発です。

また塩気の効いたパパダムも崩して混ぜるとさらにアゴ出汁の旨みが引き立ちおいしかったです。

f:id:mizuhosakura555:20180714151348j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714151408j:plain

特濃合わせ出汁の和風チキンカレー(かものはし)

和風だしカレーに薄めの酢飯が絶妙な取り合わせでおいしいです。

山芋のアチャールも和風だしのカレーによく合います。

f:id:mizuhosakura555:20180714151442j:plain  f:id:mizuhosakura555:20180714151510j:plain

チャナマサラ(SUMANAHA)

ホクホクのチャナダルにスパイスが良くしみています。

ご飯がよく進むおいしさです。

最後にレモンと一緒に頂いてさっぱりです。

f:id:mizuhosakura555:20180714151552j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714151618j:plain

スパイシーキーマカレー(てん)

濃い目の濃厚キーマとナスとジャガイモの炒め物が添えられています。

濃厚で肉の旨みがたっぷり出ていてご飯が進みました。

ナスとジャガイモもスパイスがしみ込んでいてキーマと頂くとおいしかったです。

f:id:mizuhosakura555:20180714151708j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714151732j:plain

サバたっぷりスパイス香る夏のビリヤニ(ビリヤニ一刻館)

サバの身がごろごろはいった旨みたっぷりのビリヤニです。

さっぱり目に仕上げられてあり、添え物は甘辛い味付けで一緒に食べておいしさが増しました。

f:id:mizuhosakura555:20180714151800j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714151838j:plain

豚バラのゴールデンヴィンダルー(YELLOW TANJIER)

ちょっと酸っぱいヴィンダルーです。

豚バラ肉とちょっと酸っぱい目の味付けはよく合う取り合わせでした。

f:id:mizuhosakura555:20180714151908j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714151938j:plain

大自然キーマ(うにゃカリー)

 ひき肉がすごくたっぷりで濃厚かつ旨みたっぷりのキーマです。

玉ねぎのピクルスがさっぱりしており、一緒に食べると濃厚さとさっぱりさが合わさってさらにおいしくなりました。

f:id:mizuhosakura555:20180714152001j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714152023j:plain

 

7月14日夜の部のラインナップ

イベリコ豚タンのカレー(アアベルカレー)

アアベルさんの濃厚豚タンカレーです。

ルーも濃厚でスパイシー、豚のタンは柔らかく煮込まれて味がよくなじんでいます。

ご飯に対してたっぷりカレーを頂いたので、存分にルーのコクと旨みを味わうことができました。

f:id:mizuhosakura555:20180714213054j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714213123j:plain

まぐろSP(マグロマサラとマグロアチャール)(Yatara Spice)

マグロの身の味はスパイスとよく合ってました。

すこし甘めのアチャールと一緒に食べて、ご飯もすぐになくなりました。

f:id:mizuhosakura555:20180714213201j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714213226j:plain

濃厚エビカレー(サカイヤ食堂(兵庫丹波))

カレーにエビの出汁がほんまに濃厚に出ていました。

エビはほんとにカレーにあいます。

昼と同じく塩気のあるパパダンを混ぜながら食べて味の変化を楽しみました。

f:id:mizuhosakura555:20180714213301j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714213331j:plain

夏野菜とアジの冷や汁カレー(きたかぜとたいよう)

宮崎の冷や汁にスパイスをマッチングさせた冷や汁カレー。

出汁は胡麻と味噌の風味とスパイスが合わさり複雑かつ旨みたっぷりに!

ゴーヤやキュウリなどの食材も冷や汁にピッタリ!暑い夏にピッタリのカレーでした。

f:id:mizuhosakura555:20180714213401j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714213440j:plain

夏野菜の冷やしサンバル ちょこっと辛口キーマのせ(スパイス食堂 ニッキ)

こちらも冷やしカレーです。

少し酸っぱ辛いカレーは冷たいのでご飯と食べるとちょうどよい感じになります。

Nikkiさんのチキンマサラ並みに辛い辛口マサラと混ぜてちょうどよい旨辛具合になりました。

酸っぱ辛い味から本格的に辛いキーマ、最後はちょうどよい旨辛と3度の味の変化を楽しみました。

冷やしカレーは暑い時期には癒しになります。

f:id:mizuhosakura555:20180714213511j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714213542j:plain

3種ペッパー香る夏のカリカリ食感キーマ(ラージクマール)

こちらは以前の回の再来。かりかり食感のカレーです。

優しい味わいのキーマカレは旨みもありご飯が進みます。

カレーと食感を楽しめるカレーでした。

f:id:mizuhosakura555:20180714213611j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714213643j:plain

どっかん スペアリブ(spice cafe デラシネ)

器からはみ出しそうなスペアリブの存在感が大きいです。

スペアリブはスパイシーな出汁で味付けされており、柔らかく骨からするっと取れるほどです。

カレーは優しめの味わいで、スペアリブを頂くのにちょうどいい味わいでした。

スペアリブの旨みがとてもよかったです。

f:id:mizuhosakura555:20180714213707j:plain f:id:mizuhosakura555:20180714213731j:plain

 

7月15日昼の部のラインナップ

7月15日はニャンピー事情聴取 ~裏ポンバシ系インスパイアSP~副題がついてます。ノムソンカリーの3周年を記念して、ノムソンカリーの日替わりを各店舗がインスパイアする企画となっています。

f:id:mizuhosakura555:20180715141240j:plain

f:id:mizuhosakura555:20180715141304j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715141329j:plain

ローストアーモンドと仔羊のカシューナッツカリー(Aveshi Carry)

オレンジピールの効いたコクのあるカレーとまたオレンジの出汁で炊かれたご飯のコラボです。

店主様はオレンジはラムにあうとおっしゃっていましたが、ラムのクセとオレンジの爽やかさの相性は素晴らしく、ラムの旨みも引き出し後味さっぱりの夏らしいカレーでおいしかったです。

f:id:mizuhosakura555:20180715140440j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715140507j:plain

上海的 蟹粉豆腐咖喱(Asian Kitchen cafe 百福)

カニ爪がどんとのった豪華なカレーです。

カニの旨みと優しめのスパイス感で豆腐ともよく合います。

カニには身も詰まっていてカレーもカニもおいしくいただきました。

f:id:mizuhosakura555:20180715140547j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715140617j:plain

鯛のあら炊き出汁キーマ(スパイスカレーまるせ)

鯛の出汁が詰まったキーマの上に鯛の身がたくさんのっています。

出汁キーマの旨みは強烈!食べるごとに旨みが広がります。

身の旨味も合わせるとさらにおいしい!

ご飯がとても進むカレーでした。

f:id:mizuhosakura555:20180715140653j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715140725j:plain

イカ肝とゲソのBLACK CURRY(cafe 黒岩伽哩)

真っ黒なカレー。イカスミが入っているのでしょうか?

食べるとイカ肝のコクとスパイスが調和してまろやかかつスパイシーなカレーでした。

ゲソも入っておりイカの旨味を堪能できるカレーでした。

f:id:mizuhosakura555:20180715140757j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715140819j:plain

(ボンボンキーマ)BBK43ver.檸檬スプラッシュ(SPICE CURRY 43)

ぼんじりが大量に入っていました。

最初はぼんじりの食感とじゅわっと広がる旨みで楽しみ、あとはレモンの入ったキーマで爽やかさを堪能し、最後は混ぜ合わせてコクと旨みとさっぱり感を味わいました。

なんども旨みや爽やかさを堪能できる楽しくもおいしいカレーでした。

f:id:mizuhosakura555:20180715140849j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715140913j:plain

濃厚ど豚骨の炙り叉焼カレー(サケトメシ)

ルーは最初は濃厚とんこつスープを感じましたが、徐々にカレーに変化する素晴らしいルーです。

叉焼がたくさんはいっていました。叉焼はとても柔らかい!

カレーになじむとまたおいしく、一気に食べてしまったほどおいしかったです。

f:id:mizuhosakura555:20180715140937j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715141000j:plain

厚切り豚タンのポン酢ヴィンダル(はらいそ Sparkle)

ポン酢ヴィンダルゥいうことで、ただ酸っぱいのではなくポン酢の旨みも感じる酸っぱさでした。

厚切りのタンの旨みもものすごく、単独で頂いてもおいしかったですが、ポン酢のヴィンダルゥと頂くとすっぱうまくなり味の変化を楽しみながらいただきました。

f:id:mizuhosakura555:20180715141104j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715141043j:plain

 

 

f:id:mizuhosakura555:20180715213707j:plain

 

7月15日夜の部のラインナップ

昼の部に引き続きニャンピー事情聴取です。

お店はほとんど同じですが、昼とは全く違う個性的なメニューが楽しめました。

f:id:mizuhosakura555:20180715213442j:plain

油野美術館の2階がとても華やかでした!

f:id:mizuhosakura555:20180715213425j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715213525j:plain

燻盛&牛豚キーマ・ザ・スモーキー(NOMSON CURRY)

ベーコン、卵、クリームチーズの燻製がドンと存在感を示しています。

カレー全体から燻製の香りが・・・、これはキーマの合挽も燻製しているからだそう。

ご飯は薄く固められて両面を軽く焼いてあるので香ばしく燻製とよく合います。

旨味と香りが楽しめる一品でした。

f:id:mizuhosakura555:20180715210618j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715210650j:plain

エッグローシュ&ベンガリーマトン(東印度西孟咖喱 デスベンガルズ(百福×まるせ))

濃厚なマトンと卵のクリーミーなカレーの組み合わせです。

濃厚でスパイスビシバシのマトンでご飯をうっかり食べつくしかけましたが、クリーミーの優しい味わいのエッグローシュと一緒に食べると味が調和してなじんでおいしかったです。

f:id:mizuhosakura555:20180715210724j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715210748j:plain

黒毛和牛と西京味噌のどて焼き玉こん和風カリー(Zipangu Curry cafe 和風カレーHige Bozz)

和風甘辛カレーです。一口目は甘い、二口目は少し辛い。

まろやかな味わいで食べやすいカレーです。

とろとろに煮込まれた牛スジと味がしゅんたまこんも絶品でした。

カツオトッピングがよく合う和風カレーでした。

f:id:mizuhosakura555:20180715210820j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715210842j:plain

追い鰹出汁の牛油かすキーマ(cafe 黒岩伽哩)

ニンニクがよく効いたカツオだしは旨みもたっぷり。

油かすの旨みも十分出ていて、出汁とかすの旨みを楽しめました。

油かすをカレーにしても旨みがじゅわっとひろがるんやと感動した一品でした。

f:id:mizuhosakura555:20180715210915j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715210939j:plain

娼婦風アンチョビガーリックのプッタネスカリー(SPICE CURRY 43)

イタリアのオリーブとトマトのパスタソース「プッタネスカ」がカレーになりました。

辛さに加え酸味があるのが特徴のプッタネスカですが、カレーになってもスパイス感と同時にトマトの酸味やいか、アサリの旨みが突き抜け、暑い日に食べるのにピッタリのカレーに仕上がっていました。

f:id:mizuhosakura555:20180715211009j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715211032j:plain

超重厚 海老・ド・とくちゃん(サケトメシ)

一口食べると濃厚エビ出汁の旨みが鼻を突き抜けます。

エビ出汁は濃厚かつまろやかで、爽やかな辛さがとてもおいしく、ご飯と一緒にすぐに頂いてしまいました。

f:id:mizuhosakura555:20180715211053j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715211121j:plain

若鶏のカルビ白湯 黒マー油カリー(はらいそ Sparkle)

少しスパイシーなパイタンに濃厚黒マー油がかかっています。

最初はそれぞれで頂きましたが、店主様のおすすめ通り最後は混ぜてバランスがよくなり若鶏もやわらかく旨みもありおいしくいただきました。

f:id:mizuhosakura555:20180715211155j:plain f:id:mizuhosakura555:20180715211223j:plain

f:id:mizuhosakura555:20180715213752j:plain

7月16日昼の部のラインナップ

チキンカリー+ひよこ豆玉ねぎレモン(カリー河(三重四日市))

さらさらのチキンカレーと玉ねぎのアチャール、ひよこ豆のトッピングです。

鶏も柔らかく旨みがカレーに出ていて、アチャールの酢漬けと一緒においしくいただきました。

f:id:mizuhosakura555:20180716153755j:plain f:id:mizuhosakura555:20180716153906j:plain

自家製燻製チーズときのこのココナッツカレー(琥珀荘)

再びの琥珀荘さんは燻製チーズとキノコです。

ココナッツカレーの甘みと燻製の香りが調和して、ほどよいスパイス加減もあり香りと旨味を楽しみました。

f:id:mizuhosakura555:20180716153952j:plain f:id:mizuhosakura555:20180716154124j:plain

キノコポークカレー(カレーちゃん家)

えのきやシメジのきのこと大きい豚バラ肉がたくさん入ったスパイシーなカレーです。

ジャガイモのクミン和えがスパイシーなカレーのいい箸休めになりました。

ごろごろポークがやわらっくて味も染みていて旨みもあり、きのこのあっさりした味とよく合っていました。

f:id:mizuhosakura555:20180716154216j:plain f:id:mizuhosakura555:20180716154259j:plain

海と山カレー(シーフードときのこ)(タネヲマク(岐阜瑞浪))

甘めのとろりとした濃厚なカレーです。

きのことエビが入っており、ほどよい甘さもあって食べやすいカレーでした。

f:id:mizuhosakura555:20180716154338j:plain f:id:mizuhosakura555:20180716154417j:plain

チェッピナードチキンカレー(インドカレーじぶちゃん)

インドのかつて栄えた港町、チェッピナードで食べられたカレーだそうです。

スパイシーなチキンカレーと付け合わせのさらだを混ぜるとまろやかな味わいに。

梅のアチャールが酸っぱくていいアクセントでした。

f:id:mizuhosakura555:20180716154452j:plain f:id:mizuhosakura555:20180716154528j:plain

サダラン ダルバート(ネパールのごちそうタンドール料理jujudhau(ズーズーダウ))

優しめのチキンカレーと、また優しめのダルの組み合わせてとても食べやすいかれーでした。

パイナップルのアチャールがカレーに甘酸っぱさを加えて複雑かつ芳醇な味わいに。

ネパールの定食らしく、毎日でも食べたくなる味でした。

f:id:mizuhosakura555:20180716154657j:plain f:id:mizuhosakura555:20180716154731j:plain

牛蒡とキャベツの鶏キーマカレー、フキとラム肉のカレー(スパイスライス)(Lilac days cafe(愛媛松山))

2種類の提供でした。

f:id:mizuhosakura555:20180716154819j:plain

鶏キーマカレーは胡椒とスパイスが聞いたパンチのある味でした。

フキとラム肉はよく煮込まれたフキと少しクセのあるラムの取り合わせがおいしく、ラムも柔らかく旨みがありスパイスライスといっしょにおいしくいただきました。

f:id:mizuhosakura555:20180716154852j:plain f:id:mizuhosakura555:20180716154925j:plain

 

7月16日夜の部のラインナップ

スリランカ スジ男~スリランカスタイルの牛すじカリー~(喰ま呑み)

大きな牛スジがごろりと入っています。

スパイシーで柔らかい牛スジはそれだけでもおいしいですが、添えられているパリップやサンボルと混ぜ合わせるとスリランカカレーらしくスパーシーさにまろやかさが加わりました。

食べごたえのある牛スジと一緒においしくいただきました。

f:id:mizuhosakura555:20180717091832j:plain f:id:mizuhosakura555:20180717091900j:plain

ジャポネーゼ スジ子~大阪スタイルの牛スジカレー~(マガリーダッタ)

こちらは大阪スタイル柔らかなスジ煮込みがベースになっています。

とろとろに煮込まれたスパイシーで甘めな牛スジだけでもたまらなくおいしいですが、だいこんおろしとネギとの合わせ技が絶妙!

カレーでなかなか思いつかない組み合わせでしたが、だいこんおろしで牛スジのこくが引き立ちさらにおいしくいただけました。

f:id:mizuhosakura555:20180717091928j:plain f:id:mizuhosakura555:20180717091954j:plain

魚のレッドカレー(スリランカダイニングアマヤ阿波座店)

ごろっとしたマグロの身と優しい味わいのカレーでした。

さっぱり目のカレーは夏に食べるのにもピッタリのカレーでした。

f:id:mizuhosakura555:20180717092117j:plain f:id:mizuhosakura555:20180717092159j:plain

やっぱりチキンカレー2 レッドホット夏野菜添え(tokuri61)

優しめの味のチキンカレーにチンゲンサイやニンジンなどの野菜がたっぷり乗っています。

カレーもとてもおいしくて食べやすく、野菜もたくさん摂れてからだにいいカレーでした。

f:id:mizuhosakura555:20180717092227j:plain f:id:mizuhosakura555:20180717092256j:plain

俺、鶏と大根のキーマを豆ごはんにかけるけどな(カームス・ペース)

鶏と大根と聞いて、最初は和風カレーかなと思いました。

が、食べてみるとすごい刺激が襲ってきました。

辛いともちょっと違う、クローブの刺激!

鶏の旨みと大根、クローブが調和して、豆ごはんも一緒においしくいただきました。

f:id:mizuhosakura555:20180717092323j:plain f:id:mizuhosakura555:20180717092354j:plain

葱と油あげのポークカレー(スパイスライス)((Lilac days cafe(愛媛松山))

豚肉とネギがたっぷりのカレーです。

これを鍋で食べても必ずおいしいカレーです。

豚肉の旨みはカレーにたっぷり出ていますし、油揚げが旨みのあるカレーを吸っているのでとてもおいしい!

スパイスライスはターメリックとチリなども少し足して作っているとのこと。

言われて食べてみると少し辛くスパイス感を感じました。

昼と夜で3食いただきましたがとてもおいし買ったです。

松山に行ったときには必ず行きたいお店です。

f:id:mizuhosakura555:20180717092637j:plain f:id:mizuhosakura555:20180717092703j:plain

f:id:mizuhosakura555:20180717110140j:plain

かもなんばんカレー(お出汁とスパイス 元祖エレクトロニカレー)

13日のがんもどきカレーもおいしかったので期待マックスで伺いました。

鴨の出汁がよく出た旨みたっぷりのかもなんばんを優しめのスパイシーさでカレーに!

鴨も柔らかくてコクがありおいしいです。

長芋の漬物がほどよい甘さでカレーと交互に食べるととてもおいしい!

f:id:mizuhosakura555:20180717092735j:plain f:id:mizuhosakura555:20180717092755j:plain

 

まとめ

 

今回は出汁のカレーが多く出ていましたが、どのカレーもスパイスに負けないくらいの出汁感が出ていておいしいカレーでした。

出汁カレーには和風の具材を使ったカレーが多かったですが、アゴ出汁のパリップなどもあり多彩な食材にあうんやなと感動しました。

15日のニャンピー事情聴取では特に独創的なカレーが多かったと思います。カレーという枠を超えたメニューで、カレーの可能性は無限にあることを実感しました。

というわけで今回も無事に51食いただきました。

出店者の皆様、ありがとうございました。

 

カレー事情聴取Vol.23は10/5~10/8で実施されます。

 

また、関連イベントとして「カレーバル事情聴取Vol.2」が7月21日、22日に実施されます。そちらはお酒に合うスパイスあてを提供されお酒も多種用意されます。

今週末もカレー好きは油野美術館に注目です!

www.mizuhosakura.com

 

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてこのような記事も読まれています>

www.mizuhosakura.com

www.mizuhosakura.com

www.mizuhosakura.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング