【cafe黒岩伽哩】日本橋に近い裏なんばでコクの黒と旨辛い赤のカリーを頂く!肉もおいしく赤黒とも旨味たっぷり!

f:id:mizuhosakura555:20180815171516j:plain

(その1 2018年8月15日作成)

 

 

日本橋からほど近い裏なんばにお店がある黒岩伽哩さん。

お店の前を通るとはっきりとした黒と赤のカレーの看板があり気になっていました。

この度、頂くことができたのでレポートします。

 

黒岩伽哩さんは火曜日定休でランチ・ディナーとも営業しています。

 

 

メニューとした注文したカレー

 

カレーのメニューは衝撃のコクと旨み「黒」カリーと情熱の辛みと旨み「赤」の2種類で、それぞれに牛、豚、鶏、キーマ、あるいは牛豚鶏全部とお肉を選ぶことができます。

また「黒」と「赤」の愛がけも選べますので、今回はあいがけにしました。

 

夜はあてのメニューもあり、時々変わっていくようです。

 

 

こちらが注文した「黒」豚カリーと「赤」鶏カリーのあいがけです。

バスマティライスに変更で+100円。合計1,050円です。

f:id:mizuhosakura555:20180815171711j:plain

 

真っ黒な黒カリーは濃厚で旨みたっぷり

 

左側には黒カリーが盛られ、真ん中には大きい豚バラ肉がごろっと鎮座しています。

黒いルーは肉の旨みとコクで濃い味わいです。

コクが強く辛さは程よいです。

お肉は柔らかく、噛まなくても飲み込めるほどです。

お肉にもルーの旨みがしみ込んでおいしいです。

f:id:mizuhosakura555:20180815171748j:plain

 

 

赤カレーは程よく辛く旨みもたっぷり

 

右側は赤カリーです。

大きいチキンが鎮座しています。

このチキンは骨からホロっと身がとれるほど柔らかく煮込まれています。

辛味の赤とありますが、どちらかというと旨辛く、辛さだけを感じるわけではなくコクと辛さ両方楽しめるカレーです。

鶏肉と一緒にルーを頂くとおいしかったです。 

f:id:mizuhosakura555:20180815172109j:plain

 

まとめ

 

コクが全面推しの黒カリーと旨辛さを楽しむ赤カリー、どちらもおいしいです。

お肉が変わればまた味わいも変わると思うので、また伺って食べようと思います。

 

黒岩伽哩さんは火曜日定休でランチ・ディナーとも営業しています。

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


過去の黒岩伽哩さんの記事

 

 

 黒岩伽哩さんに行くには

地下鉄堺筋線、千日前線・近鉄の日本橋駅から徒歩5分程度で着きます。

4番出口を出て南へ進みます。

f:id:mizuhosakura555:20180325170518j:plain

 日本橋2交差点を右に曲がります。

左手に黒門市場のある交差点です。

f:id:mizuhosakura555:20180325170610j:plain

右に曲がるとこのような光景が見えてきます。

右の黒岩伽哩のノボリが見えています。

お店はビルの2階にあります。

f:id:mizuhosakura555:20180325170723j:plain

 

このビルの2階の黒岩伽哩さんがあります。

f:id:mizuhosakura555:20180815172206j:plain

 

ビルの入り口には看板も出ています。

f:id:mizuhosakura555:20180815172221j:plain

 

 

黒岩伽哩さんは火曜日定休でランチ・ディナーとも営業しています。

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


 <あわせてこのような記事も読まれています> 

www.mizuhosakura.com

www.mizuhosakura.com

www.mizuhosakura.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング