【別府タワー】東京タワーや通天閣と兄弟のタワー。リーズナブルな入場料で地上55mの展望台からは市街地や海が一望できる。

別府タワー
(2019年1月19日作成)

 

別府と言えば温泉ですが、東京タワーや通天閣とルーツが同じのタワーがあります。

その名も「別府タワー」。

東京タワーや通天閣、札幌テレビ塔と設計者が同じで、タワー6兄弟の一つです。

地上55mの展望台からは別府の街が一望できます。

リーズナブルでちょっと時間ができた時にピッタリの別府タワーを紹介します。

 

 

別府タワーの概要

別府タワーは1957年(昭和32年)の完成しました。

現在は高さ90mです。

55mの高さに展望台があります。

 

設計者は「塔博士」として有名な内藤他仲早大名誉教授で、名古屋テレビ塔や大阪の通天閣、札幌テレビ塔、東京タワー、博多ポートタワーも設計されています。

これらの6塔のタワーは通称「タワー6兄弟」と呼ばれています。

 

さっぽろテレビ塔や名古屋のテレビ塔とは作りが似ている気もします。

訪れる際は、他のタワーの写真も見て比較しても面白いと思います。

  

別府タワーの展望台

国道に面した入口のエレベーターから16階の展望室に上がります。

入口に券売機がありますが、JAFカードや亀の井バスのバス一日券、二日券を持っている場合は割引がありますので、券を買わずに16階に上がりましょう。

 

展望台に上がるとタワーの歴史などが展示されています。

タワーができてもっ集客に苦労したとか・・

そんな展示物をぼちぼち眺めながら景色を眺めます。

別府タワー 説明

 

北側への展望です。

別府は温泉の街で港町でもあります。

海や港がすぐ近くにあります。

別府タワー 展望室

 

南側を望みます。

別府の市街地が一望できます。

高い建物があまりないので開けています。

 

ところで別府タワーをはじめ、別府の市街地を観光する場合は手荷物を置くロッカーが少ないです。

写真の右側に見える「トキハ」の1階には100円返却式のロッカーがあります。

大分空港へのリムジンバス乗り場の前なので便利です。

別府タワー 展望室

 

このような大型のロッカーが8台あります。

空いていればうまく利用できます。

別府トキハ 1階 コインロッカーk

 

別府タワーへのアクセス、入場料、営業時間など

別府タワーへのアクセス

別府駅東口から徒歩10分です。

別府北浜バスセンターからすぐです。

鉄輪などから行く場合はバスを利用して北浜バスセンターで降りるといいでしょう。

別府タワーの開館時間

開館時間

9:00〜22:00

 

休館日

水曜日(祝日を除く)、大晦日

 

別府タワーの入場料金

 

 高校生以上:200円

小中学生:100円

小学生未満:無料

 

別府タワーはJAF会員証提示で高校生以上160円になるほか、亀の井バスのバス一に乗車券、二日乗車券でも180円に割引になります。

 

またHPからWEBチケットを購入すると高校生以上160円になります。

ほかにもWEBからは入場券とドリンク・フード割引になるチケットが200円、ラウンジワンドリンク付き700円などのチケットも買えます。

詳しくはHPをご覧下さい。

>>別府タワーのチケット一覧<<

 

まとめ

 

別府タワーは、別府の市街地で目立つところにあるので、ちょっと寄ってみるのにちょうどよい場所です。

入場料もリーズナブルなので時間が空いたとときに気軽に別府の景色を眺めてみましょう。

 

 最後までお読みいただきありがとうございました。

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 <あわせて下記のような記事も読まれています>

www.mizuhosakura.com

www.mizuhosakura.com

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング