鉄道

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』の乗車方法や車内と座席、運行区間を解説します。宇野線や尾道、琴平に向かいながらアートを楽しむ観光列車【乗車記】

f:id:mizuhosakura555:20180509182722j:plain

 

(2018年2月26日作成、2020年3月1日更新)

 

宇野線を中心に運行している『La Malle de Bois〜ラマルドボア』。

旅の道具箱という意味です。

JR西日本が運行している観光列車。

気軽に乗れる観光列車として人気です。

先日、乗車する機会がありましたのでレポートします。

 

 

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』の車両と編成

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』は2016年から運行を開始した観光列車で主に週末に宇野線で運行されています。白い車体に言葉や絵が大胆にデザインされています。

f:id:mizuhosakura555:20180509183307j:plain

車両は213系の2両編成で、全車グリーン車です。定員が52名です。

改造されたクモロ213-7004とクロ212-7004で運行しています。

全席グリーン車ですが、普通列車ですので岡山〜宇野間でも1,350円で乗車でき、気軽に乗車できる観光列車です。岡山〜宇野が主な運行区間ですが、ラ・マルせとうちとして尾道へ、またラ・マルことひらとして琴平まで乗り入れる日があります。

f:id:mizuhosakura555:20180509183624j:plain

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』の車内と座席

車内です。アートな気分にひたれる空間をテーマに、木目調の落ち着いた内装で統一感があります。

f:id:mizuhosakura555:20180509183904j:plain

 

車内には旅行に関する書籍がおいてあったり、自転車が積めるスペースもあります。またサービスコーナーではビールやジュース、お菓子などを販売しています。

f:id:mizuhosakura555:20180509183958j:plain

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』の座席表です。

定員は51名でサイクルスペースが8台分、車いす対応座席が1席あります。

サイクルスペースは『La Malle de Bois〜ラマルドボア』のグリーン券と同時購入、もしくはグリーン券を持っている場合に、サイクルスペースの利用券「ラ・マル・サイクル」を発見できます。

「ラ・マル・サイクル」の利用券は無料です。

ラ・マル・ド・ボア 座席表

(JRおでかけネットより)

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』の車内販売

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』の車内では、地元特産品とコラボしたお土産や飲み物、お弁当、スイーツなども販売しています。

(表示価格はすべて税込みです)

・旅する瀬戸内スイーツ:1,500円(要事前予約)

・岡山ばら寿司 旅の小箱:1,200円

・独歩(地ビール):500円

・岡山ピーチサイダー:330円

・ウシオ チョコラトル:760円

・コルク×帆布のペンケース:1,527円

・帆布バッグ(大):12,986円

・児島デニム ポケット型コインケース:1,100円

・備前焼フリーカップ:3,036円

・mtマスキングテープ:1,100円

・オリジナル今治ハンカチ:550円

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』の沿線全体でアートな列車を盛り上げる

当時は瀬戸内国際芸術祭があって宇野線もアートで盛り上がっていました。

宇野の駅前の淀川テクニック作「宇野のチヌ」がおでむかえです。

f:id:mizuhosakura555:20180509184047j:plain

 

宇野駅も白黒基調の駅舎に改装されてました。ゴミ箱もラ・マル風。

f:id:mizuhosakura555:20180509184117j:plain

 

途中の八浜駅では駅舎やホームがアートになっていました。約5分停車時間があり、撮影を楽しめました。

f:id:mizuhosakura555:20180509184147j:plain f:id:mizuhosakura555:20180509184208j:plain f:id:mizuhosakura555:20180509184439j:plain

 

途中で田んぼアートなんかもありました。

その場所ではゆっくり鑑賞できるように運転士さんが速度を調節してゆっくり走行してくれました。

f:id:mizuhosakura555:20180509184539j:plain

そして途中の駅でホームでブドウ大福と麩饅頭の販売がありました。地元で列車を盛り上げようとしていることが感じられます。

f:id:mizuhosakura555:20180509184516j:plain

 

大福なんかを食べていると時間はすぐにすぎます。約1時間の乗車はあっという間でした。
岡山に定時に到着です。

☆『La Malle de Bois〜ラマルドボア』の停車駅、所要時間

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』の運行区間、停車駅は次の通りです。

沿線には尾道や鞆の浦、こんぴらさんなどの観光地があり、それらのコースに組み込んで乗車すると旅の楽しみが倍増するでしょう。

ラ・マル・ド・ボア 運行区間

ラ・マルせとうち(岡山~宇野間)

運転日:毎週土曜日およびGW期間・お盆期間

  岡山発 宇野着
ラ・マルせとうち(下り) 10:11 11:10
  宇野発 岡山着
ラ・マルせとうち(上り) 15:00 16:00

ラ・マルしまなみ(岡山~尾道間)

運転日:毎週日曜日

  岡山発 倉敷発 福山着 尾道着
ラ・マルしまなみ(下り) 10:11 10:42 11:22 11:42
  尾道発 福山発 倉敷着 岡山着
ラ・マルしまなみ(上り) 15:47 16:11 16:52 17:09

ラ・マルことひら(岡山~琴平間)

運転日:土日を除く祝日

  岡山発 児島着 多度津着 善通寺着 琴平着
ラ・マルことひら(下り) 10:11 11:01 11:29 11:38 12:00
  琴平発 善通寺発 多度津発 児島発 岡山着
ラ・マルことひら(上り) 14:01 14:07 14:26 15:03 16:00

詳細な運行日は次のページもご覧ください。

旅の道具箱(トランク) La Malle de Bois(ラ・マル・ド・ボァ):JRおでかけネット

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』の運賃、料金等

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』には運賃と普通列車用指定席グリーン券を購入すれば乗車できます。

運賃とグリーン券の合計した値段は次の通りです。

  おとな こども
岡山~宇野 1,370円 1,070円
岡山~多度津 2,140円 1,570円
岡山~善通寺 2,180円 1,590円
岡山~琴平 2,370円 1,680円
岡山~福山 1,990円 1,490円
岡山~尾道 2,340円 1,670円

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』から乗り換えできる列車

岡山駅

新幹線「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」

九州新幹線「みずほ」、「さくら

特急「やくも」、特急「スーパーいなば」特急「南風」、特急「しおかぜ」、快速「マリンライナー

児島駅

快速「マリンライナー

多度津駅

特急「南風」、特急「しまんと」、特急「しおかぜ」、特急「いしづち」

善通寺駅、琴平駅

特急「南風」、特急「しまんと」

倉敷駅

特急「やくも

福山駅

新幹線「のぞみ」、「ひかり」、「こだま」

九州新幹線「みずほ」、「さくら

『La Malle de Bois〜ラマルドボア』に乗るには

ラマルドボアの乗車するには岡山駅や尾道駅まで行く必要があります。

沿線には岡山や尾道や鞆の浦、こんぴらさんなどの観光地があり、それらのコースに組み込んで乗車すると旅の楽しみが倍増するでしょう。

全席指定ですので全国のJRのみどりの窓口、旅行会社でグリーン指定席券をお買い求めください。

岡山に行く方法を示します。

飛行機で行く場合

就航空港

羽田、新千歳、那覇から岡山空港に就航しています。

時刻表|岡山桃太郎空港

岡山空港から岡山駅へはバスで移動です。

 

所要時間は羽田から約1時間45分です。

 

パックツアーが安くて安心

飛行機と宿泊のパックの場合2泊3日で東京発で一人33,000円〜にて岡山に行けます。

マイルを使えばお得に行ける!

なおマイルを使った特典航空券なら片道一人9,000マイルから交換可能です。

いまから3か月あればマイルを貯めて特典航空券で行くことも可能です!

→3か月で5万マイル、半年で10万マイル以上貯まるマイルの貯め方

f:id:mizuhosakura555:20180408220423j:plain

新幹線で行く場合

岡山に行くには東京や大阪、九州からは新幹線が便利です。東京から3時間20分、大阪から50分、博多から1時間50分、熊本から2時間30分ほどです。

東海道・山陽・九州新幹線時刻表

 

f:id:mizuhosakura555:20180321232810j:plain

東京発で岡山は1泊2日で25,000円〜でいけます。

まとめ

このような観光列車が普通列車グリーン券で気軽に乗れるのはうれしい限りです。岡山地区にはノスタルジーも盛り上がっているのでこんどはチャレンジしてみたいと思います。