【おおさか東線】城北公園通駅周辺を解説します。バスが便利な地域に鉄道が加わりさらに発展するか。

 


 

おおさか東線 城北公園通駅

(2018年3月16日作成)

 

3月16日開業のするおおさか東線の延伸区間にできた城北公園駅。

大阪市の都島区と旭区の境にあります。

どのような場所にできたかレポートします。 

 

 

 

バスがメインの地域に新たにできた城北公園通駅

城北公園通駅は、城北公園通の赤川3丁目交差点から南に100mほどのところにあります。

 

JRおおさか東線 城北公園通駅

城北公園通駅は与謝蕪村にゆかりのある駅

城北公園通駅の都島区側は、与謝蕪村にゆかりのある土地です。

駅からすぐの商店街も、「蕪村通り商店街」と名付けられています。

城北公園通駅 蕪村通り商店街

 

城北公園通駅周辺はバスが便利なうえに鉄道もできた

 城北公園通は1969年に廃止された大阪市電が最後まで残った路線です。

現在でも大阪シティバスの34号系統(大阪駅~守口車庫)が、市電の跡に沿って走っています。

34号系統は大阪シティバスで最も稼いでいる路線で、朝ラッシュ時は2分間隔、昼間でも5~8分間隔で運行しています。

34号系統は、城北公園通駅から徒歩3,4分の赤川3丁目バス停から乗車することができます。

 

また最も近い赤川1丁目バス停からは、これも市電を受け継いだ10号系統(天満橋~守口車庫)に乗車することができます。

10号系統は昼間は8~12分間隔で運行しています。

 

大阪の中心部へはバスが便利な地域ですが、新大阪に直結されたことで選択肢が広がり、さらに便利になった地域です。

大阪シティバス 赤川1丁目(北)バス停

 

まとめ

 

城北公園通駅周辺は、交通が便利な地域で住みやすいので、昔から団地などが整備されてきました。

おおさか東線あ開業してさらに便利になることは間違いないので、人気が出るかもしれません。

  

最後までお読みいただきありがとうございました。 

 

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてこのような記事も読まれています>

www.mizuhosakura.com

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング