【おおさか東線】新規開業の放出~新大阪間を紹介します。

おおさか東線 201系
(2019年3月15日作成、3月18日更新)

 

2019年3月16日開業のおおさか東線の放出(はなてん)~新大阪間。

平成最後の新規開業区間です。

どのような路線か、沿線の風景は?

新規開業の各駅を訪れてレポートします。 

 

 

 

おおさか東線の概要

おおさか東線は、久宝寺~放出~新大阪の路線です。

久宝寺~放出間は2008年に開業しています。

この度の開業は放出~新大阪間です。

 

放出から新大阪は大阪市東部の住宅街を通り、淀川、神崎川を渡り一度吹田市に入ったのち、再び神崎川を渡り新大阪に向かいます。

 

新大阪駅には新たにおおさか東線用のホームが整備されています。

新大阪駅 

 

おおさか東線を走る列車

おおさか東線には普通電車と直通快速電車の2種類が運行されます。

 

普通電車はウグイス(黄緑)色の201系6両編成で運行されます。

久宝寺~新大阪間で終日、1時間に3~4本の本数で運行されます。

おおむね15分間隔です。

おおさか東線 201系

 

直通快速は207系、321系の7両編成で運行されます。

直通快速は新大阪~久宝寺~奈良間に一日4往復の運行です。

 

平日は朝に新大阪方面に4本、夕方から夜に奈良行きが4本。

土休日は朝に2往復、夕方に2往復運行されます。

 

停車駅は新大阪、放出、高井田中央、JR河内永和、久宝寺、王寺~奈良の各駅です。

新規開業区間には停車しません。

207系電車

 

おおさか東線の新規開業4駅

この度開業の4駅を新大阪側からたどります。

東淀川駅には停車しないので次は南吹田駅です。

南吹田駅

新規開業区間で唯一吹田市にある駅です。

周囲は静かな住宅街で、突如駅ができた感じです。

新大阪まで一駅、4年後には梅田まで直通になるので利便性は高まるでしょう。

南吹田駅

詳しくは次の記事もご覧ください。

www.mizuhosakura.com

 

JR淡路駅

阪急淡路駅から徒歩5分くらいでつきます。

乗り換えにも便利です。

周辺は商店街がありにぎやかな街です。

飲食店が多くあります。

JR淡路駅

詳しくは次の記事もご覧ください。

www.mizuhosakura.com

 

城北公園通駅

都島区と旭区の境にあり、名称がどうなるか議論になっていましたが、近くの大通り「城北公園通」の名前になりました。

都島側の出口には「蕪村口」と名付けられ、商店街も蕪村通り商店街があります。

城北公園通や近くの赤川1丁目バス停からは大阪駅行きや天満橋行きのバスが頻発しており、おおさか東線ができて新大阪へのルートもできてさらに便利になりそうです。

城北公園通駅

詳しくは次の記事もご覧ください。

www.mizuhosakura.com

 

JR野江駅

京阪野江駅から徒歩3分、大阪メトロ谷町線野江内代駅から徒歩7,8分の所にあります。

周辺は昔からの住宅街で静かな町です。

徒歩10分くらいの関目に行けば商店街や飲食店が多いです。

JR野江駅

詳しくは次の記事もご覧ください。

www.mizuhosakura.com

 

鴫野駅、放出駅

鴫野駅で学研都市線(片町線)と合流します。

鴫野駅には新たにおおさか東線用のホームが整備されています。

鴫野駅から放出駅間は複々線に線路が増やされています。

まとめ

おおさか東線は、大阪市東部に新たに南北方向に通じる鉄道ができます。

新大阪と直結されることもあり、新たな動きが生まれてくると思います。

沿線は鉄道が利用できなった地域もあるため、さらなる変化と発展が期待できます。

  

最後までお読みいただきありがとうございました。 

 

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてこのような記事も読まれています>

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング