【ハルカス300展望台】60階からの眺めとアトラクション、周辺観光も含めて徹底解説します。

f:id:mizuhosakura555:20180612152335j:plain

(2019年6月20日作成)

 

 

高さ300mを誇るあべのハルカスにあるハルカス300展望台について解説します。

大阪で一番高いところから眺める景色は絶景です。

展望台をさらに楽しむためのアトラクションもたくさんあります。

周辺の観光地も含めて解説していきます。

 

 

 

ハルカス300展望台へのアクセス

JR、地下鉄で行く場合

各線天王寺駅、近鉄阿倍野橋駅が最寄り駅です。

新幹線の場合は新大阪駅から御堂筋線が便利です。

天王寺駅から地下に降りると、エレベーターに直結しています。

エレベーターはハルカス300展望台の受付階である16階に直結しています。

地下鉄やJRの天王寺駅からも屋根付きのところだけで行くことができ、雨の日も傘がいりません。

 

飛行機で行く場合

伊丹空港からは空港バスで約40分

関西空港からはJR特急「はるか」で約30分です。

 

天王寺、阿部野橋駅前にそびえる、高さ300mを誇るあべのハルカス。

ハルカス300展望台は、あべのハルカスの58階から60階までを占めています。

f:id:mizuhosakura555:20180612152335j:plain

ハルカス300展望台の営業時間、入場料金等

ハルカス300展望台の営業時間は9:00~22:00(年中無休)です。

入場料金は次の通りです。

大人(18歳以上):1,500円

中高生(12歳~17歳):1,200円

小学生(6歳~11歳):700円

幼児(4歳以上):500円

3歳以下は無料です。

 

一日何度も出入り自由なハルカス3001dayチケットもあります。

詳しくは公式HPもご覧ください。

ハルカス300展望台 営業概要(公式HP)

 

 

ハルカス300展望台の入場から展望台まで

 

 

あべのハルカス展望台のチケット売り場、入り口は16階です。

16階へは地下1階などから直通エレベーターで行くことができます。

16階に降りると展望台、美術館の入り口があります。

美術館の入り口です。

f:id:mizuhosakura555:20180615105107j:plain

その隣にチケット売り場と展望台の入り口があります。

f:id:mizuhosakura555:20180615105207j:plain

 

チケットを買い、改札をくぐり、再びエレベーターに乗ります。

エレベーターの奥側は光の模様が姿を変えて流れていきます。

すぐ着いたので撮影できず。

60階にあっという間に到着です。

あべのハルカス展望台 エレベーター 16階 あべのハルカス展望台 エレベーター 60階

 

エレベーターを降りると展望スペースが広がります。

この日は待ち時間もなく、展望台には混雑もなく、ほどほどの人でした。

あべのハルカス展望台 60階

 

60階からの眺めを楽しむことができます。

f:id:mizuhosakura555:20180615105252j:plain

 

四天王寺や天王寺公園もよく見えます。

あべのハルカスから四天王寺へは徒歩15分くらい。

天王寺公園へは徒歩7、8分で行くことができます。

展望台を出たら散策するのもいいでしょう。

あべのハルカス展望台 60階 展望台から四天王寺 あべのハルカス展望台 60階 展望台から天王寺公園

 

通天閣や新世界も眼下に見えます。

地下鉄御堂筋線で動物園前まで一駅、歩いても15分ほどで着きます。

通天閣はハルカスができるまでは大阪名物の展望場所でした。

周辺は串カツやどて焼きなどの大阪グルメが楽しめます。

またジャンジャン横丁では昼から立ち呑みで呑める楽しい世界が広がっています。

 f:id:mizuhosakura555:20180615105632j:plain

 

展望台エリアは60階から58階まであります。

お帰りのエレベーターは59階から乗ります。

59階にはお土産物屋さんもあり、キャラのあべのベアもたくさんいます。

あべのハルカス展望台 59階 グッズショップ あべのハルカス展望台 59階 グッズショップ

 

58階にはテラス席があります。

中のカフェで飲み物や軽食など買ってテラスでいただくこともできます。

夕方は飲み放題つきプランやBBQなどを楽しむことができます(BBQは要予約)

f:id:mizuhosakura555:20180615105317j:plain

 

テラスにも屋台風の売店があります。

天気のいい日はビール片手にテラスでのんびりできます。

あべのハルカス展望台 58階  あべのハルカス展望台 58階 得飲みプラン


残念ながら天気の悪い日に来てしまったときは 中のカフェから景色を眺めながらすごしましょう。 

あべのハルカス展望台 58階 カフェ あべのハルカス展望台 58階 カフェ

 

ハルカス300展望台をさらに楽しむオプションツアー

エッジ・ザ・ハルカス

あべのハルカスの展望台のさらに上、しかも端っこきわきわまで上がることができます。

幅60㎝、長さ20mのデッキの上を、命綱をつけて歩きます。

狭い通路から見下ろす眺めとさえぎるもののないスリルはたまりません。

あべのハルカス展望台 エッジ・ザ・ハルカス 

エッジ・ザ・ハルカスは展望台60階申込カウンターで受付をしています。

予約等はできないので、展望台の申込カウンターに直接申し込みます。

体験時間は、ハルカス300展望台の営業日の次の時間です。

体験人数は各回7名です。

①10:00~12:00(最終受付 11:20)

②13:00~17:00(最終受付 17:20)

③18:00~21:00(最終受付 20:20)

 

料金は1,000円です。

(ハルカス300入場料が別途かかります)

記念写真1枚と写真データがついてきます。

エッジ・ザ・ハルカス体験中はカメラやスマホは持ち込めないのでいい写真を撮ってもらってください。

 

体験の流れやさらに詳しくは次の公式HPもご覧ください。

ハルカス300 エッジ・ザ・ハルカスについて(公式HP)

 

ヘリポートツアー

あべのハルカスの屋上にあるヘリポートを見学することができるツアーです。

ハルカス300展望台 ヘリポートツアー

(写真は公式HPから)

ツアーの時間は決まっており、12:30から一日10回~11回実施されます。

ツアー参加料金は500円です。

(ハルカス300展望台入場料とは別途)

受付はハルカス300展望台の60階申込カウンターで先着順で受付しています。

 

開始時刻など詳しくは公式HPもご覧ください。

ハルカス300 ヘリポートツアーについて(公式HP)

 

あべのハルカスからその他の観光地への所要時間

ハルカス300展望台を楽しんでから、次の場所へ行こう!という時のための主な観光地への所要時間と行き方です。

 

大阪城:JR環状線で大阪城公園まで、約30分

天保山、海遊館:地下鉄御堂筋線、中央線で大阪港まで、約40分

梅田:地下鉄御堂筋線で約20分

なんば:地下鉄御堂筋線で約10分

京都:JR特急「はるか」で約1時間

奈良:JR「大和路快速」で約40分

吉野(桜の名所):近鉄特急で約70分

和歌山:JR特急「くろしお」で約1時間

 

新大阪:地下鉄御堂筋線で約30分

関西空港:JR特急「はるか」で約30分

伊丹空港:空港バスで約40分

 

まとめ

 

・ハルカス300展望台は高さ300mから大阪を一望できる

・駅から直結なので、雨の日も傘なしでいける

・カフェもありゆっくりできる

・夜は飲み会もできる、BBQや飲み放題プランもあり

・エッジ・ザ・ハルカスやヘルポートツアーでさらにハルカスを楽しめる

・展望台を楽しんだ後も近くに見どころがたくさんある

 

ハルカス300展望台は今まで見ることができなかった大阪の景色を観れるとともに、ハルカスの中には美術館や百貨店があり一日過ごすことができます。

また周りは天王寺公園や美術館、動物園など歩いて行ける範囲にも見どころがたくさんあります。

ハルカス300展望台を訪れる際に参考になれば幸いです。 

 

 

 

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

<あわせてこのような記事も読まれています>

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング