【2019年2月最新】ポイントサイトからANAマイルへの交換ルートを陸マイラー初心者にもわかりやすく解説!最もお得に貯まる交換ルートはコレ!

f:id:mizuhosakura555:20180801235501j:plain

(2018年4月30日作成、2019年2月6日更新)

 

このページはマイルを貯めようとしているあなた、もしくはポイントがたまったのでANAマイルに交換しようとあなたが、どのようにすれば最大限の価値で交換できるか、そのポイントサイトはどこかを示しています。

 

あなたがポイントサイトで貯めたマイルをポイントサイト→ANAマイルと直接交換することもできますが、多くは50%程度の交換率です。

しかし、同じポイントサイトからでも、交換ルートによっては8割以上の交換率を誇るルーともあります。

 

同じポイントを貯めてマイルに交換するとしてもどの交換ルートが効果的か、あなたが知るか知らないかでは貯まり方は変わってきます。

ここでは数種類ある交換ルートとその特徴を解説していきます。

 

ANAマイルに交換しやすいポイントサイト5つ

ANAマイルに交換しやすいポイントサイトは下記の5つになります。

ポイントサイトへの登録は無料なので、登録を済ませておきましょう。

 

どのように交換するのか?なぜ交換しやすいのか?

他にも交換の方法はないのか?などは以下で説明していきます。

 

ポイントタウン:LINEポイントに直接交換できます。GMO運営で安心です。

>>ポイントタウンに無料で登録する<<

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

ライフメディア:集約ポイントサイトPexへの交換でポイント増量を頻繁に実施しています

>>ライフメディアに無料で登録する<<

 稼いだポイントをマイルに。ライフメディアへ無料登録

 

モッピー:JALマイルやANAマイルにも交換が可能な万能ポイントサイトです。

>>モッピーに無料で登録する<<

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

げん玉:PeXへの交換でポイント増量キャンペーンを頻繁に実施しています。

>>げん玉に無料で登録する<<

 

ECナビ:PeXへの交換でポイント増量キャンペーンを頻繁に実施しています。

>>ECナビに無料で登録する<<

陸マイラー始めるならECナビ 1,000ポイントプレゼント!

 

現状では最も高いLINEソラチカルート

現在、最も交換率が高いルートはLINEPOINTとソラチカカード(東京メトロToMeCard)を用いてANAマイルに交換する方法です。

ソラチカカードはいままでソラチカルートを利用していた方も多いので保有しているかたも多いと思います。

このカードを用いると東京メトロポイント→ANAマイルの交換が90%で交換できます。

またLINEPOINTから東京メトロポイントへの交換は90%でできるので

LINEPOINT(100%)→東京メトロ(90%)→ANAマイル(81%)

のルートで81%の交換率になります。

 

ANAマイルへ交換できるルートを示したのが下の図です。

(手書きで申し訳ありません)

2019年2月 ANAマイル交換ルート 

LINEPOINTに100%等価で交換できるポイントサイトとルートは次の通りです。する方法は3つあります。

1、ポイントタウン→LINEPOINT

2、モッピー、ちょびリッチ、i2iポイント、Getmoney!、ライフメディア→G-POINT→LINEPOINT

3、各ポイントサイト(ハピタス、ライフメディア、げん玉、ECナビ、Pointincome、など)→PeX→三井住友ワールドポイント→ポイントタウン→LINEPOINT

4、げん玉→RealPay→LINEPOINT

5、すぐたま→セシールスマイルポイントG-POINT→LINEPOINT

となります。

ライフメディア、げん玉からは3のルートで82.6%で交換できます。

ポイントタウン、モッピー、ちょびリッチ、i2iポイント、Getmoney!のポイントからは81%で交換できます。

すぐたまからは76.9%で交換できます。

 

その他のポイントサイトは3のルートを用います。

 

ここで注意したいのは2、3のルートの場合はG-POINTからLINEPOINTに交換するときは95%になりますが、ポイント交換申請の前の月の1日〜4か月後の末月までにG-POINTでの対象案件を実施していればポイントバックされます。

f:id:mizuhosakura555:20180801151113j:plain

対象案件は無料でできる案件やネットショッピングも多数あり難易度は低いです。

案件の一例を下記に示します。

また下記リンクも参考にしてください。

Gポイント・・手数料還元サービスについて

f:id:mizuhosakura555:20180801152458j:plain

f:id:mizuhosakura555:20180801152516j:plain

ポイントバックされれば81%、されなければ76%の交換率になります。

 

ここで、デメリットとしては三井住友ワールドポイントは三井住友VISAブランドのカードが必要です。

これが3のルートの最大のデメリットです。

 

三井住友カードをお持ちでない方、カードを増やしたくない方は、還元率が73.6%になりますが単純になる下記のルートもあります。(上図の青点線のルート)

 3’、各ポイントサイト(ハピタス、ライフメディア、げん玉、ECナビ、Pointincomeなど)→PeX→LINEPOINT

このルートはカードも不要で、Gポイントの案件もこなす必要がありません。

 

またげん玉やライフメディアはPexへの交換率が若干高い(2%増量)です。

げん玉やライフメディア、ECナビはPexの交換で増量をよく実施しています。10%増量のときもありました。

 

現状ではこのLINEPOINTを活用したルートが最も交換率が高いです。

 

LINEPOINTルートは改正が頻繁に起きていますが、LINEPOINTルートで活用したいポイントサイトは以下の5つです。

ポイントタウン、モッピー、ライフメディア、げん玉、ECナビ、すぐたま

 

東京メトロ→ANAマイルは20,000ポイント/月が交換の上限です。

よって20,000×0.9×12=216,000マイルがこのルートの上限になります。

 

ただし、ソラチカルートの大幅改悪があったように、このルートも本来運営側が期待するソラチカカードの使い方ではないと思います。

なのでいつ改悪があってもいいように他のルートについても準備する必要があります。

2、3月はキャンペーンアリ

2月はライフメディアでGポイントへのボーナスキャンペーンを実施しています。

www.mizuhosakura.com

 

3月はげん玉でRealPay経由のLINEポイント交換キャンペーンを実施予定です。

www.mizuhosakura.com

 

ソラチカルート閉鎖時の代替ルート

f:id:mizuhosakura555:20180801234837j:plain

 

 

複雑だが交換率が高いJQカードみずほルート

かなり複雑なルートですがnimocaカードと並ぶ70%の交換率を誇るルートです。

各ポイントサイト(ハピタス、ちょびリッチ、moppy、げん玉、ECナビ、ポイントインカム、Pポイントタウンなど)(100%)→PeX→三井住友ワールドプレゼント→Gポイント→JRキューポ→永久不滅ポイント→ANAマイル(70%)

このルートには下記の3種類のカードが必要になります。

・JQカードセゾン

・永久不滅ポイントが貯まるセゾンカード

・みずほマイレージクラブカード/ANA

多くのカードが必要で複雑ですがLINEルートが閉鎖された時には活用できるルートなのでカードだけでも所有しておくとよいと思います。

 参考:

www.mizuhosakura.com

すぐたまならセシール→Gポイントルート

すぐたま→セシールスマイルポイント→Gポイント→JRキューポ→永久不滅ポイント→ANAマイル(70%)

すぐたまからもGポイントに交換できるので代替ルートとして使えます。

こちらも下記の3種類のカードが必要になります。

・JQカードセゾン

・永久不滅ポイントが貯まるセゾンカード

・みずほマイレージクラブカード/ANA

すぐたまで高還元の案件をまとめました。

ご活用ください。

www.mizuhosakura.com

九州、函館に在住か旅行に行くなら使える、nimocaルート

 nimocaカードを用いたルートです。

各ポイントサイト(ハピタス、ちょびリッチ、モッピー、げん玉、ECナビ、ポイントインカム、ポイントタウンなど)(100%)→PeX→nimoca→ANAマイル(70%)

交換率は70%と若干低いですがそれでも他の交換方法よりは十分に高いです。

またこのルートは交換に上限がないのも大きな利点です。

デメリットは交換するときは九州、函館にしかない交換機を用いてしか交換できないことです。あなたが九州か函館在住ならはいいのですがそうでない方は出張や旅行がてらに交換することになります。

他のルートで貯めたマイルを用いて特典航空券で旅行がてらに交換することになります。

参考:

www.mizuhosakura.com

 

 

現実的で最も安定な三井住友VISAルート

三井住友VISAカードを用いるルートです。VISAカードはANAVISAカード等で持ってる方は結構多いと思いますので利用しやすいルートと言えます。

各ポイントサイト(ハピタス、ちょびリッチ、モッピー、げん玉、ECナビ、ポイントインカム、ポイントタウンなど)(100%)→PeX→三井住友ワールドポイント→ANAマイル(60%)

このルートはVISAカードの特典として活用されていますので今後も安定して利用可能なルートであると言えます。

 

またこのルートを用いてシンガポール航空のクリスフライヤーマイルやアリタリア航空のマイルにも交換することができます。

シンガポール航空はスターアライアンスの特典航空券でも予約ができますが、ビジネスクラスやファーストクラスはシンガポール航空のマイルを使って予約した方が確実に予約ができるのでおススメです。

各ポイントサイト(ハピタス、ちょびリッチ、げん玉、ECナビ、ポイントインカム、PONEYなど)(100%)→PeX→三井住友ワールドポイント→クリスフライヤーマイル(60%)

このルートも三井住友VISAカードが必要です。ポイントサイト等を活用して年会費無料のカードを作っておきましょう。

クレジットカードが必要ないTPOINTルート

こちらはT-POINTカードがあれば交換可能なルートです。

50%と交換率は低いですが、限度がなくクレジットカードなしで交換できるので手軽なルートと言えます。

各ポイントサイト(ハピタス、ちょびリッチ、げん玉、モッピー、ECナビ、ポイントインカム、ポイントタウンなど)(100%)→PeX→T-POINT→ANAマイル(50%)

 

 

f:id:mizuhosakura555:20180801234931j:plain

登録すべきポイントサイト

これらを踏まえてANAマイルを貯めるために必要なポイントサイトは下記の5つになります。

 

普段のポイント活動においてはいつでも貯められるようあなたも登録しましょう。

 

ポイントタウン:LINEポイントに直接交換できます。GMO運営で安心です。

>>ポイントタウンに無料で登録する<<

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

 

ライフメディア:集約ポイントサイトPexへの交換でポイント増量を頻繁に実施しています

>>ライフメディアに無料で登録する<<

 稼いだポイントをマイルに。ライフメディアへ無料登録

げん玉:PeXへの交換でポイント増量キャンペーンを頻繁に実施しています。

>>げん玉に無料で登録する<<

 

 

モッピー:JALマイルやANAマイルにも交換が可能な万能ポイントサイトです。

>>モッピーに無料で登録する<<

モッピー!お金がたまるポイントサイト

 

 

ECナビ:PeXへの交換でポイント増量キャンペーンを頻繁に実施しています。

>>ECナビに無料で登録する<<

陸マイラー始めるならECナビ 1,000ポイントプレゼント!

 

 

GPOINTやPexはポイントの集約に必要なのでぜひ登録しましょう。

 

GPOINT:LINEPOINTへの中継に必要

>>GPOINTに登録する<<

PeX:各ポイントサイトの集約に必要

>>PeXに登録する<<

 

まとめ

陸マイラーを始めて、どのポイントサイトに登録したらいいかを現在の交換ルートをもとにまとめました。

LINEソラチカルートは最大81%の交換率ですが、いつ閉鎖になってもおかしくないルートです。

存続も危ぶまれる中、制度の改悪はあるものとして次の手を確保するために準備しておくことが、あなたがマイルを貯めるうえで重要だと考えます。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。 

 

「読者になる」をおしていただくと更新情報がチェックできます

よければブックマークお願いします。

このエントリーをはてなブックマークに追加


 <あわせてこのような記事も読まれています> 

www.mizuhosakura.com

www.mizuhosakura.com

www.mizuhosakura.com

www.mizuhosakura.com

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング