【旅行記】雪の大谷の時期は大混雑?黒部立山アルペンルートの魅力を紹介!

 f:id:mizuhosakura555:20180511184247j:plain

(2017年10月21日作成、2018年5月11日更新)

以前ブラタモリにも取り上げられていた立山ですが、以前いったときのことを綴ります。
2015年の9月末に行きました。

室堂付近では天気が悪く、雨も降り肌寒くて残念でしたが、大観峰付近では天気がよくなり、それ以降は秋のいい気候の中縦走できました。
今日は若干の写真とその時の思い出をつづりたいと思います。

 

 

立山縦走の起点まで

富山駅から富山地方鉄道の電車に乗車して約1時間。

立山駅まで乗車します。

1時間に1本は運行されています。

鉄道 - 検索結果(駅別時刻表) | 富山地方鉄道株式会社

私が乗車したときは元京阪電車の車両でした。

この他にも東急や西武の電車だった車両も走っています。

(参考:富山地方鉄道HPより)

f:id:mizuhosakura555:20180511211618j:plain

気候や服装など

私が訪れた9月頃ですが、最高地点の室堂付近では気温が5度くらいでした。

2,400mの高所もあり気温差が激しいので、調節できる服装がいいと思います。

弥陀ヶ原

立山駅からはケーブルに15分ほど乗車します。概ね電車と接続はよいです。

ケーブルを降りると次はバスで約40分乗車すると立山の弥陀ヶ原につきます。

ここで途中下車して次のバスまで散策を楽しみました。

高山植物などに囲まれ癒されました。

私が訪れたときはこのあたりでは天気はあまりよくなく雨がちなのが少し残念でした。

f:id:mizuhosakura555:20180511184639j:plain

室堂

弥陀ヶ原からまたバスに乗り、20分ほどで室堂に到着です。

黒部立山ルートの中では一番の見所です。

春のシーズンでは雪の大谷で有名なところです。

この日はこのようにガスが発生していたため景色は見えず。ブラタモリではきれいに見えていたみくりが池も湖面をみることはできませんでした。

気温も10℃を切っていたため、早々と先に進みました。

f:id:mizuhosakura555:20180511184727j:plain

 

大観峰

室堂からはトロリーバスで大観峰に抜けます。このトロリーバスは2019年からは日本唯一のトロリーバスになります。

トロリーバスはバスが上の電線から電気を取り、モーターで走行するバスです。

電車のようなバスと考えていただければと思います。

f:id:mizuhosakura555:20180511213010j:plain

それまでの天気と打って変わって晴れてきれいに景色が見えました。

f:id:mizuhosakura555:20180511184818j:plain

 

黒部ダム

大観峰からはロープウェイとケーブルカーで黒部ダムに行きます。

黒部立山ルートで最も迫力のある見どころ、黒部ダムです。150m以上の落差があり、この時期は放水も行っており非常に迫力がありました。

f:id:mizuhosakura555:20180511184922j:plain

近辺では黒四発電所開発の歴史が展示されており建設に非常に苦労されていたことがよくわかります。英が「黒部の太陽」の展示もされており、一度みてみたいと思っていたのを思い出しました。

黒部ダムからはトロリーバスで扇沢に抜けました。このトロリーバスは2019年4月に電気バスに変わるそうです。上の架線から電気を取るスタイルは今年が最後です。

 

黒部ダムカレー

扇沢に抜け、大町温泉で一泊したのちに翌日は大町駅近くのこまつうどん店で黒部ダムカレーをいただきました。

f:id:mizuhosakura555:20180511185010j:plain

 

作業員の方の胃袋を癒したカレーライスから始まっていますが現在の黒部ダムカレーは以下の決まりごとがあるようです。

・お米を堰堤の形にするべし!

・カレーのルーは必ず堰堤の内側に流し込むべし!

・カレーのルーの上にガルベ(遊覧船)に見立てたトッピングを乗せるべし!

・必ず水をつけるべし!

・料金は700円以上とするべし!

f:id:mizuhosakura555:20180511185148j:plain

 

このお店も決まりが守られており、お米の堰堤や遊覧船に見立てた串カツなどビジュアル的にも楽しめるようになっております。ソーセージなどで工夫して放水ならぬ放カレーができるダムカレーを提供しているお店もあるようですが。

味のほうはうどん店のだしを生かしたルーがご飯とマッチしておいしくいただいたのを覚えています。

立山アルペンルートに行くには

アルペンルートの入り口まで

立山駅か扇沢駅まで行く必要があります。

立山駅へは富山駅から富山地方鉄道で約1時間

扇沢駅へはJR大糸線の信濃大町駅からバスで約40分です。

4/16〜11/30までは長野駅から扇沢駅まで特急バスが出ています。

長野から扇沢までは約1時間45分です。

富山側|時刻表|立山黒部アルペンルート

長野側|時刻表|立山黒部アルペンルート

車では立山駅か扇沢駅の駐車場に止めて観光することになります。

アルペンルートのきっぷ

アルペンルートの切符はWEB予約が便利です。

(運賃例)

 

立山〜扇沢片道 8,290円

立山〜室堂往復 4,310円

予約WEBきっぷ きっぷ |立山黒部アルペンルート

(別途購入)

電鉄富山〜立山 1,200円

扇沢〜信濃大町駅 530円

扇沢〜長野駅 2,600円

富山まで飛行機で行く場合

就航空港

羽田、新千歳から富山空港に就航しています。

飛行機に乗る | 富山きときと空港

 

パックツアーが安くて安心

飛行機と宿泊のパックツアーがお得です。

→JALの宿泊つき航空券パック

→ANA の宿泊付き航空券パック

マイルを使えばお得に行ける!

 なおマイルを使った特典航空券なら片道一人9,000マイルから交換可能です。

いまから3か月あればマイルを貯めて特典航空券で行くことも可能です!

 →3か月で5万マイル、半年で10万マイル以上貯まるマイルの貯め方

f:id:mizuhosakura555:20180408220423j:plain

新幹線で行く場合

 富山に行くには東京からは新幹線が便利です。東京から2時間10分で着きます。

大阪はサンダーバード+新幹線で3時間20分ほどで富山駅につきます。

 

JR利用の宿泊付きパックツアーもあります。

   

 

おわりに

天気の変化が激しかった黒部立山縦走でしたが、晴れたときの室堂の映像を見てまた行きたくなりました。

雪の大谷時期は特に混みあいますので早めの計画がお勧めです。

 (黒部立山アルペンルートHPより)

 

「読者になる」を押していただくと更新情報を見ることができます。

 

 

f:id:mizuhosakura555:20180511215939j:plain

 

ほかにもこのような記事も読まれています。 

 

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

 

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング