【仮想通貨】仮想通貨の取引を一元化しようとするQASH!入手できる取引所や将来性について解説!

f:id:mizuhosakura555:20180511224630j:plain

(2018年5月11日作成)

仮想通貨のQASHについて解説します。

QASHは2017年に日本最大のICO調達金額調達を行いました。

QASHはQUOINE社が構築するLIQUIDプラットフォームで用いられるトークンで世界中の仮想通貨市場をつなげるという壮大な目的を持った仮想通貨です。

QUOINEは日本の登録仮想通貨事業者であり、そのQUOINEが実施したICOでQASHも金融庁のホワイトリストに登録されているため、日本でも安心できる側面もあります。

早速解説していきます。

 

 

QASHとは

QASHの概要

QASHはQUOINE社が提唱するLIQUIDというプラットフォームで使用されるトークンのことです。

このLIQUIDは現在世界中に通貨ごとにばらばらに点在している仮想通貨の取引をまとめる役割を担うのを目的としていてQASHはその中心的な役割を果たすものだといわれております。

LIQUID | Financial Services on the Blockchain

このQASHがICO(Initial Coin Offering:イニシャル・コイン・オファリング/新規仮想通貨公開)にて発売され、2018年にはLIQIUDのプラットフォームが開始されることになっているそうです。

QASHのスペック

コイン名 :QASH(キャッシュ)
公開日 :2017年 11月
コイン上限枚数 :10億枚(すでに3.5億枚以上が流通)

 

QASHのロードマップ

ICOを行なっても取引所に上場しないICOもありますがQASHは日本の登録取引所であるQUOINE社が進めるプロジェクトであるため頓挫することはないと思われ紙屑になることはないと思われます。

f:id:mizuhosakura555:20180511230926j:plain

現在はICOまではロードマップ通りの開発が行われています。

ICOは株式のIPOと異なり上場直後にICO時の値段を下回ることもありますがこれは今後の仮想通貨の流通状況によるのかと思います。

信頼ある会社の大規模プロジェクトであるので、取引所上場後はそんなに値は上がらないかと思いますが、大幅に下がることもないかと思います。

インターナル・ワールドブックβ版始動

QASHは登録者にメールでインターナルワールドブックβ版が始動したと報告をしました。

これは今まで各取引所を介していた仮想通貨の取引に流動性を与えるものです。

これまでビットコインを介していた取引が不要になり、ビットコインに偏っていた取引が変わる可能性を秘めているものです。

f:id:mizuhosakura555:20180511231813j:plain

QASHの価格等

 
 

 

QASHを入手するには

QASHは日本の事業所ではQUOINEX で購入できます。

その他ではHuobiでも購入できます。

QUOINEXは日本の登録取引所であり、送金時、入金時のチェックは丁寧に行われています。私も利用していてビットコインが混雑しているときは数日かかることもありましたがそれだけチェックを重要視していることだと思います。

そのQUOINEXが実施するプロジェクトで目的も壮大なので応援したいです。

 QUOINEに登録する

【仮想通貨】取扱通貨が豊富‼BTC取引手数料が無料のQUOINEで仮想通貨取引! - みずほさくらの日記

 

まとめ

・QASHは世界の仮想通貨取引を一元化することを目的としている

・QASHはQUOINEXやHuobiで入手できる

・QUIOINEXは日本の登録仮想通貨事業者であり信頼性は高い

 

QASHもQUOINEXも私は期待しており、QASHは保有しています。

QASHのプロジェクトに期待しつつ、ロードマップとチェックしながら今後を見守りたいと思います。

 

 

「読者になる」を押していただくと更新情報を見ることができます。

 

ほかにもこのような記事が読まれています

 

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

 

www.mizuhosakura.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング