【仮想通貨】イーサリアム(ETH)とは?購入できる取引所などを開設!スマートコントラクトやDappsに期待!

f:id:mizuhosakura555:20180419114619j:plain

ビットコインに次ぎ第2位の時価総額を持つイーサリアム(ETH)について取り上げます。

スマートコントラクトなどのビットコインにない将来性のある機能を持っています。

さっそく解説していきます。

 

イーサリアムとは

イーサリアムプラットフォーム

イーサリアムはブロックチェーン上にアプリケーションを作成するためのプラットフォームです。イーサリアムプロジェクトでは分散型アプリケーション(Dapps)やスマートコントラクトを構築するために開発が進められています。

イーサリアムプラットフォーム上で用いられる仮想通貨

このプラットフォームで用いられる仮想通貨がイーサ(ETH)で通称としてプロジェクトの名前でイーサリアムと呼ばれています。

イーサリアム(ETH)は仮想通貨ではビットコインに次ぐ第2の流通量があり日本でも扱える取引所が多くあります。ビットコインのブロックチェーンには通貨の取引情報のみの記録ですがイーサリアムはさらに進んでブロックチェーンに契約の情報も記録できる技術があるのが特徴です。権利移動や契約をブロックチェーンをたどれば容易に検索が可能になるとのことです。

イーサリアムの特徴

スマートコントラクト

イーサリアムにはブロックチェーンに取引情報の他にスマートコントラクト情報が付加できるのが特徴です。スマートコントラクトは直訳すると「賢い契約」で契約情報のことになります。土地の売買などの契約情報を記録することで改ざんできないブロックチェーン上に記録されているので、イーサリアムを取引した瞬間に契約成立とみなすことが可能と同時に、契約期限になると資金や権利の異動などの契約履行も可能になります。 

分散型アプリケーション(Dapps)

現在のネットゲームなどのアプリは運営する管理者がいる中央集権型アプリケーションです。これに対し分散型アプリケーションは一度開発してしまえば管理者不在でネットワーク全体に広がるサーバーで分散して管理でき、また自律的に動作するので運営の負担も減り、コストも削減されることになります。ブロックチェーンを用いているので改ざんもほぼ不可能になります。

 

分散型アプリの事例:仮想子猫

仮想子猫は猫の絵を集めるゲームでイーサリアム上で使われる分散型アプリです。

イーサリアムのブロックチェーン上で動作するため運営者がいなくなってもゲームが続けられることが特徴です。


集めた猫は取引でき、中には1,000万円以上で取引された猫もいるようで、これまでの取引高は1.5億円を超えるとのことです。

 

しかし、このブームの影響でイーサリアム上のブロック生成のうち14%程度が仮想子猫によるものとも言われ、イーサリアムネットワークの混雑にもなっているとのことです。

イーサリアムはスマートコントラクトを実装しているためこのようなアプリの需要は多いと思いますが、スケーラビリティ問題が重くのしかかっていると思います。
仮想子猫の事例はイーサリアムの技術開発を加速させるかもしれません。

イーサリアムの問題点

スケーラビリティ問題

イーサリアムは利用者が増えて取り扱うデータが増加すると処理速度が遅くなり、取引承認に時間がかかってしまうスケーラビリティ問題を抱えています。この解決法は取引データを小さくする、サブチェーンを活用するなど模索されていますがまだ解決には至っていません。

イーサリアムの価格等

 

 

 

イーサリアムを入手するには

イーサリアムを入手するには日本の取引所ではZaifbitbankが手数料も安価で板取引で入手できるのでお勧めです。

→Zaifに登録する

→bitbankに登録する

まとめ

イーサリアムはアプリケーションやICOなどですでに利用されており、最も実需がある通貨です。しかしまだスケーラビリティなどの問題もあるため、イーサリアムそのものも改良されますが、それに続く技術が出てくるかも含めて注視する必要があります。

 

 

 

合わせて読みたい仮想通貨関連

 

www.mizuhosakura.com

 

 

www.mizuhosakura.com

 

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
人気ブログランキング